本気よりも大切なのは「覚悟」を決めること。

【スポンサーリンク】

本気よりも大切なのは「覚悟」を決めること。

ぼくのまわりには「プロ」がたくさんいるので、その方たちを見ているとやっぱり「覚悟」があるな…と感じます。

覚悟があるというよりは「覚悟が違う」ですね。そのプロがいるカテゴリーに所属する人たちと比べてみても、それは明らかです。

みなさん、いまの成功を得るまでに苦労されたり、相当な練習や修練を積まれてきたのもよくわかります。

でもどなたも「ツラい」とか「苦しい」という言葉を発しないんですよ。会話の流れでたまに聞くことはあっても、ご自分の苦労を「苦労」と思っていないのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

ぼくは覚悟を決めてます。

同じく、ぼくが会社を辞めて独立しようとしたこと、未経験の世界へ飛び込むこと、ただのブロガーではなく「プロブロガー」を名乗って活動すること。

それらすべては「覚悟」しているからこそやれています。

途中で離脱することはできないし、ましてやここから逃げることもできません。そういう選択肢は全部断ってきました。全部断ったら、目の前に向かって進んでいくしかないんですよ。

「この道で生きる」と決めたから、ずっとここでやり続けます。多少ツラいことがあっても、それも覚悟の上です。

だから逆にラクなんですよ。道がはっきりしているので、ぼくはものすごくリラックスしてものごとに取り組めています。

 

【スポンサーリンク】

「本気でやってます!」では足りないよ。

いろんな人と話していると、「なんとなくこうしたい」とか「なんとなくこうやりたい」みたいな言葉はよく聞きます。

やりたければやればいいじゃないとしか思わないのですが、そこで止まってしまう人がどれほど多いことか…もったいない。そもそもそんなにやる気がなかったんでしょうね。

中には「本気でやってます!」という人もいますが、それ本当に本気?と思っちゃうことのほうが多いですよ。本気の前に「覚悟」を見せてくれよ!って話です。

ぼくには・わたしにはこれしかないんだ!っていう覚悟さえあれば、困難くらいではヘタれませんし、いくらでもどうにでもなりますよね。

まとめると、こんな感じです。

  • 「本気でやっています」では足りない
  • 「なんとなくやってます」はぜんぜん足りない
  • 本気の前に覚悟しよう

 

【スポンサーリンク】

覚悟すれば世界は開ける。

不思議なことに、覚悟すると世界が大きく開けていくんですよ。

普通では会えないような人に会えたり、大きな仕事が舞い込んだり、想像もつかなかったような展開が待っていたり、そういうことがほんとうに起こります。友人を見ていてもそうですし、これから旅立とうとしている仲間を見ていてもやっぱり同じです。

ぼく自身にもそれは起こっていて、「こんなことやってみない?」とか「こんなことをお願いしたい」などの話がいくつか舞い込んできました。それらに全力で応えるのが、いまぼくがやるべきことです。

それを「奇跡」「偶然」と思って付き合ってしまうのか、それとも「運がいい」「覚悟の上」と思って取り組んでいくのかでも、大きく差が出そうですね。

これ自体は誰にでも起こり得ることです。

「いつかやりたいなぁ」と言ってなんとなく毎日を過ごすのか、覚悟して新しい世界に飛び込むのか、それはあなた次第ですよ!

収入はない。お金もない。でも生きている。だから「いまにみてろ」

2017.01.26

結果は大事だけど、まず「決意」して「本気で行動」するのが先。

2016.12.19