収入はない。お金もない。でも生きている。だから「いまにみてろ」

【スポンサーリンク】

会社を辞めて2ヶ月が経ちました。

会社を辞めて2ヶ月が経ちました。

おかげさまで、何事もなく無事生きています。

当初は今後についていろいろと心配していましたが、ギリギリだろうがなんだろうが生きています。まぁ、なんとかなるものですね。

いまこうして笑っていられるのは、あのとき決断して、会社を飛び出してこれたからに他なりません。

余計なことを考えずに、自分のことだけに集中していられるのも、新しい出会いとつながりができているのも、すべてあのときの決断のおかげです。

まわりで支えてくれた人たちに感謝しています。

 

【スポンサーリンク】

収入はない。お金もない。でも生きてます。

とにかく辞めたい一心で会社を飛び出してきたので、就職先もままならない状態で辞めています。

今後の働き方はさておき、社会人的には収入が一瞬でも途絶えることは結構コワいです。

実際、「この先だいじょうぶかな…」と思うこともなくはないですが、その反面「なんとかなるさ」とも思っていて、その「なんとかなるさ」の気持ちのほうがはるかに大きいので、毎日かなり心穏やかに生きています。

とりあえず、健康的に生きていて、いろいろ考えて動いていればなんとかなるでしょう。

ついでにいうと、こうやって生きていけることが証明できたら、いま困っている人に対して全力で答えてあげることができるので、「生きる先行事例」としてなにか足跡が残せたらいいなぁと考えています。

まぁ、楽しく生きているからどうにでもできますね。

 

【スポンサーリンク】

「いまにみてろ」

この状態になった過程は仕方ないとして、現状と今後の展望について話をすると、だいたい決まった反応が得られます。

  • 「そんなんで大丈夫なの?」
  • 「なにそのお小遣いにもならない収入は!?」
  • 「算段というか目論見というか、それでいいの?」

ぼくのためにこんなにもご心配いただきありがとうございます!

でも、いまはこんな状態でいいんですよ。ぼくはいまこの瞬間をつかって自分の未来を作っている最中なのですから。

それが一筋縄では行かないこと、ハードルとしては高いこと、でもやってやれなくはないことを知っていて、やり方と成功へのステップを知っているんです。

だったら遠慮せずにやるべきでしょう。いつやるの?→いまでしょ!です。

だから、「いまにみてろ」です。相当な覚悟でを持ってやっているので、未来に向かって伸ばしていきますよ。

 

自分の言葉で語り続けます。

ぼくはぼくの体験を、今後もひたすら自分の言葉で語り続けます。どこでも話し続けますし、必要ならどんどん記事にしていきます。

うっぷんばらしなんてつまらないことはしません。見たまま、体験したまま、ありのままを書くだけです。

本音を書くのがブログの真髄だと思っているので、ここは譲りません。極端に聞こえるかもしれませんが、いままでと変わらずやっていきます。

というわけで、これからもガシガシと書いていきます!