成功したかったら「最速で量をこなして、やりながら勉強して、ひたすら続ける」に限る。

【スポンサーリンク】

1日の時間はたっぷり…ない!

1日の時間は地球上の全人類平等に24時間です。

この時間を「たっぷりある」と思うのか、それとも「全然足りない」と思うのか、あなたはどちらでしょうか?

ぼくは好きなことをやっていると24時間では足りないな…と思ってしまいます。1日の時間がたっぷりあるようでない、そんなふうに感じています。

だから、時間の使い方にはこだわるんですよね。それがそのまま成功の法則につながっているとわかっているからです。

 

【スポンサーリンク】

成功したかったら「最速で量をこなして、やりながら勉強して、ひたすら続ける」に限る。

よくいるんですよね、勉強してからはじめよう!と思っている人って。

でもこれ、意味がありません。のんびり勉強したところで、知識はつきますが実績は積めません。

少しでも思い立ったら、その瞬間からとにかく始めるべきです。このスピードが速ければ速いほど、より多くの経験を積めるようになります。「時間はたくさんあるし、いまじゃないくていいかな…明日からやろうかな」とのんびりかまえていたら、きっと明日になってもやらないし、そもそも忘れているかもしれません。そんなことでは人生があっという間に終わってしまいます。

勉強の途中だろうがなんだろうが「思い立ったが吉日」なので、いま思ったことをすぐにはじめて経験を積みましょう。積んだ経験をさらに活かして行きましょう。人に教えるでもいいですし、自分のためにさらに活用するのでもいいです。この繰り返しとスピードの速さが結局は勉強になるんですよね。

時間はあってないようなものです。

だから、成功の法則があるとすれば、それは「いまできることを最速でやる」のが大事で、「とにかく量をこなす」ようにして、「やりながら勉強する」つもりで、それを「ひたすらやり続けていく」ことに意味があるんですよ。

特に最後の「ひたすらやり続けていく」が重要で、ほとんどの人が続けられずに辞めていくことは有名な話です。つまり、続けているだけであなたが成功する確率はどんどん上がっていくんですよ。

 

【スポンサーリンク】

スマホで遊ぶのか、スマホで勉強するのかで人生差がつくよ。

成功したかったら、寝ても覚めてもずっと考え続けることが大事です。

それに加えて時間やツールの使い方を工夫すれば、より近道することはできます。いまはほとんどの人がスマホを持っていますので、これを使わない手はありませんよね。勉強するのにも役立ちます。

例えば、移動中にマネーリテラシーが身につくマンガ「インベスターZ」を読むとかでもいいんですよ。

マンガを読んで勉強になるので、これならちっとも苦にならないですよね。とても効率のいい勉強方法です。スマホだから・マンガだからとバカにはできません。スマホこそすきま時間に活用できる最高の手のひらITデバイスなんですから、ぜひ使いこなすべきでしょう。

これがなにも考えずにスマホで遊んでいるだけでは、なにひとつ身になりません。スマホゲームなどが良い・悪いとかではなくて、学ぶものがないものをやり続けたところで身に付くものはない、という意味です。

ひとつひとつのことはとても小さくても、積み重ねていくうちに大きくなります。それが気が付いたときには大きな差になって、あなたとあなた以外の人では雲泥の差になっている…なんていうことがほんとうにありえますよ!