人生4回目の引っ越しをしました(=彼女と同棲はじめました)

【スポンサーリンク】

人生4回目の引っ越しました。

こんにちは、あるくまっぽい人(安宅寛高)です。

この度、ぼくは引っ越しました。

2016年末に3回目の引っ越しをしたばかりでしたが、あれから9ヶ月ほどで新居に移りました。

なんでこんな短期間のあいだに引っ越したのかというと、彼女との同棲生活をスタートするためです。

同棲というと、ぼくはテレビドラマなどでしか見たことがありませんでしたが、まさか自分がすることになるなんて思っても見ませんでした。

でも毎日が新鮮で、とても楽しいです!

 

【スポンサーリンク】

彼女との同棲生活は毎日新しい気づきがたくさん。

ぼくは過去に8年間一人暮らしをしてきました。

自分で家具・家電を買ってきたり、野菜や惣菜類を買ってきて自分で食事を準備したり、掃除洗濯家事をこなしたりと、全部を自分でやるのはとても大変でした。

それでも一人暮らしは毎日が刺激的で、それはそれで楽しかったんですよね。

そこから今度は彼女との同棲生活・二人暮らしになりました。

毎日たくさん話したり、笑ったり泣いたり、ときには怒ったりケンカしたり、全部がいいことばかりとは言いませんが、いつも常に彼女がいるというのはとても新鮮です。

まったく違う背景を持って生きてきた2人がひとつ屋根の下に集まって生活すると、こんなにも生活習慣が違うものなのかと驚かされました。

例えば、掃除の仕方ひとつとってもぜんぜん違うんですよね。

ぼくはクイックルワイパーで掃除する派ですが、彼女は掃除機で掃除する派、とか。

自分のやり方が絶対正しいとは思っていませんが、また違うやり方を見ていると、ぼくは自分がやりやすい・慣れたパターンに固定されてしまっていたんだなぁと感じます。

 

【スポンサーリンク】

ひとりよりも、ふたりで楽しめば楽しさ2倍・悲しさ1/2。

突然思い立って始めた二人暮らしですが、お互いに意見を出しあって決めたことなので、今回の引っ越しにはとても満足しています。

なにより、一人暮らしをしていたときよりも、二人暮らしをしているいまのほうが数百倍楽しいです。

「ひとりよりも、ふたりで楽しめば楽しさ2倍・悲しさ1/2」と学生時代の恩師に教えてもらいましたが、まさにそのとおりでした。

楽しさは本当に2倍ですし、悲しさは1/2です。

ぼく自身の気持ちがこんなにも変わるものかと、ひたすら驚いています。

いまはまだスタート地点です。

同棲生活をはじめてまだ間もないですが、ここからいろんな未来が広がっていくのかと思うと、とてもワクワクします!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。