「ひとりで生きるスキルを持っててうらやましいですね!」 → ぼく「スキル無いよ。あるのは本気のやる気と覚悟だけだよ」

【スポンサーリンク】

ぼくは特別なスキルなんて持っていません。

「安宅さんはひとりでできるスキルを持ってて、うらやましいですね!」

そんなふうに言われることがあるのですが、ぼく自身はスキルなんてひとつも持っていません。

特別な実績も持っていないし、バックボーンもないし、ギター以外では誰かに師事していることもありません。

どすっぴん・どノーマルもいいところで、ほんとうになにもないんですよ。

でも、もし持っているものがあるとすれば、ある2つの要素が該当しそうです。

 

【スポンサーリンク】

本気の「やる気」と「覚悟」だけ持っている。

ぼくが持っているのは、たった2つの要素だけです。

  • やる気
  • 覚悟

そうなんです、これも特別なことではなくて、誰でも持てるものなんです。誰だってやる気は出せますし、覚悟することだってできるんですよ。

1ミリも特別なことはないのですが、さらに突っ込まれて、もし「じゃあなにが違うんだ?人と違うところを教えろ!」と言われたら、ぼくはこう答えます。

本気で「やる気」があって、本気で「覚悟」しているんだ、と。

そう、本気なんです。ぼくは本気でブログやライティングの世界で行きていこうと決意していて、実際にそういう活動を展開しています。うまくできているかどうかは定かではありませんが、ブログに関して言えばおかげさまで毎月右肩上がりの成長を見せています。

もちろん、それだけやっていればいいというわけではありませんが、少なくとも、目指したいところに向かってひたすら時間を投下しています。そのせいか進化のスピードが速くなっていて、数週間前に書いた記事を見て「あぁ全然ダメじゃん」と思ってしまうんですよね。なんだったら1〜3日前の記事でも全然ダメだ!と思うことはよくあります。

最近は書くペースを落として、1記事あたりの精度を上げるよう意識しています。この成果によって、ぼく自身がさらに進化していっているかと思うと、ほんとおもしろくてたまりません。

ほんと、やる気と覚悟を持って、好きなことだけをひたすらやっていて良かったです。

 

【スポンサーリンク】

本気で目指せば人生は変わるよ。

人と話していると、理想の生き方を諦めたような話をたくさん聞きます。

  • 「○○やりたいけどムリだ」
  • 「あんな生き方したいよな…」
  • 「あの人は特別だからできたんだよ」

自分の人生なのに、自分で選べないってどういうこと?

他の要因や他人のせいにすれば諦めがつきますか?

それって、ただの逃げだとぼくは思っています。「現実見ろよ!」「会社があるからムリだろ!」「お前みたいにヒマじゃないんだ!」と言われるのですが、現実で諦めている人たちからどうこう言われる筋合いはないですね。本気と決意を持って行動していない人なんて、話になりませんから。

一度きりの人生、目指したいところがあるなら、目指せばいいじゃないですか。それが本気であればあるほど、行動とともに現実味を帯びてくるものです。

中途半端に諦めてないで、ぜひ本気で決意して、人生を変えていきませんか?