Chromebookへスイッチする究極のメリット。それは「高額デバイスという呪縛」からの解放である。

【スポンサーリンク】

Chromebookは安いです。だってシンプルだから。

Chromebookの価格設定は、他のPCと比較したらとても安いです。

モデルにもよりますが、だいたい20,000〜40,000円くらいの価格設定になっています。

ぼくが使っているChromebook Flipは、日本仕様で約36,000円です。WindowsPCでもこれくらいの価格帯で販売している製品はありますが、Chromebookではこれくらいがあたりまえです。でも、それでいてWindowsPCのように性能を犠牲にはしていないんですよね。

ここがChromebookのスゴいところです!

 

【スポンサーリンク】

Chromebookへスイッチする究極のメリット。それは「高額デバイスという呪縛」からの解放である。

「Chromebookが安いのは知っているよ。だからといって性能が低いわけではないこともわかった。でもChromebookを使うメリットってそもそもなんなの?」

製品にはメリット・デメリットが必ずあります。完全な製品なんて、世の中にほとんど存在しません。それはChromebookも同じです。

 

Chromebookのデメリット。

PCでいろいろやっている人からすれば、Chromebookにはデメリットを強く感じてしまうでしょう。

  • インストール型のパッケージソフト・専用ソフトは使えません。
  • ビジネスでは欠かせないOfficeシリーズは、OfficeオンラインでカバーするかGoogleのWebサービスに切り替えるしかありません。
  • 動画編集・音楽編集は苦手です。
  • 絵を描くのも得意ではありません。

Mac・Windowsよりもできることは少なくて、Mac・Windowsでも使える「Chromeブラウザ」という武器しかないんですよね。

しかも、ユーザー側に「もっとシンプルに使え!」と要求してくるので、なかなかハードルが高めです。

 

Chromebookへスイッチする究極のメリット。

Chromebookへスイッチする究極のメリット。それは従来型のMac・Windowsなどの「高額デバイスという呪縛」からの解放になります。

Chromebookは、MacbookやWindowsノートPCと違い、それ自体はただの「箱」です。この箱はChromeブラウザだけが動くスペックがあればいいので、シンプルで安く作ることができます。当然、販売価格も安くなります。

これがMac・Windowsではこうはなりません。Macはブランド品で高いです。Windowsはメーカー・販売モデル・価格は様々あれど、しっかり使える機種は比較的高額な部類が多くなります。

かんたんに言ってしまえば、Macを30,000円で買うことはできませんが、Chromebookなら30,000円もあったらある意味選び放題です。

ぼくが愛用するChromebook Flipだって、仮に壊れたとしても、また36,000円で買ってくればいいだけの話です。これがメインのMacBook Pro 15インチ(Mid2015)だったら、買うのも20万円ほど、買い直すのも20万円ほどかかるんですよ。そこにかかる金額でChromebook Flipが何台買えるのか…計算すればかんたんですよね。

つまり、Chromebookに乗り換えた時点で、今後は高額なデバイスを買う必要がなくなることになります。

まさに「高額デバイスという呪縛」からの解放ですね。

 

【スポンサーリンク】

Chromebookを導入すれば「PCのミニマリスト」になれる。その気になればだけどね。

Chromebookはユーザー側にPCの使い方の変更を要求してくるデバイスです。

この意味を理解できて、自分から積極的に乗れる人であれば、とても大きなエコシステムを手にすることができます。

一度乗ることができたら、今後はずっとおサイフに優しく接することができます。これ、スゴく嬉しくないですか?

ぼくはめちゃくちゃ嬉しくて、可能ならすべてChromebookに乗り換えてしまいたいと思っているくらいです。よく考えてみたら専門ソフトを使うことはほとんどないので、いまはサブ機として使っていますが、うまくすれば本格導入できるよな…と考えています。

唯一残念なのは、日本で買えるデバイスの種類があまりに少ないことですね。だから、詳しい方はみなさん米Amazonから輸入しているくらいです。でも、そこまでしてでも使い勝手のいい機種が欲しくなるんですよ。ほんと、Chromebookの魅力は計り知れません!

Chromebookへスイッチした人だけが手にできる究極のメリット=「高額デバイスという呪縛」からの解放というスゴさを、あなたもぜひ体感してみませんか?