[完全版]これさえわかればOK!格安SIMの超かんたんな乗り換え方法まとめ。

【スポンサーリンク】

「格安SIM」についてよく聞かれるようになってきました。

すでに使っている人は毎月大きなメリットを受け取っていると思いますが、あまり詳しくない方は乗り換える自体がハードルになっているかと思います。

そこで、「なんとかして携帯代を安くしたい」とお思いの方に向けて、格安SIMへの超かんたんな乗り換え方法をまとめてみます。

これさえ読めば、あとはあなたが実際に動くだけですよ!

 

[完全版]これさえわかればOK!格安SIMの超かんたんな乗り換え方法まとめ。

ここでは、いま現在大手キャリア(ドコモ・auなど)をお使いの方が、格安SIMに乗り換えるにはどうすればいいか?をまとめていきます。

  1. 「SIMフリースマホ」または「SIMロック解除したスマホ」を用意する。
  2. 大手キャリアに電話してMNP予約番号をもらう。
  3. 使いたい格安SIMを契約する。
  4. 大手キャリアから格安SIMに切り替わったら完了(使用開始)

 

1,SIMフリースマホを用意する。

格安SIMを使うには「SIMフリースマホ」か「SIMロック解除したスマホ」を用意する必要があります。

 

●SIMフリースマホ

「SIMフリースマホ」とは、大手キャリアを通さずにメーカーが直接販売しているスマホのことです。

大手キャリアで販売されているスマホは「 SIMロック 」というものがかかっていて、そのままでは格安SIMに乗り換えることができません。

そこで、大手キャリアから買うのではなく、自分でSIMロックがかかっていないスマホ=SIMフリースマホを購入して使います。

SIMフリースマホは実はたくさん売っていて、Appleがアップルストアで直接売っているiPhoneもそうですし、ぼくがAmazonで買って使っている「HUAWEI nova」もそうです。

iPhoneの場合は価格がそこそこ高いのですが、使い慣れている方からすればこれ以上ない選択肢のひとつです。

 

●SIMロック解除したスマホ

いま使っているスマホがまだ使えるし、できれば余計な出費はしたくないと考える方は多いと思います。

その場合は、いまお使いのスマホをSIMロック解除して使うという方法があります。

そのやり方は2通りあります。

  • 大手キャリアのショップに行って「SIMロック解除してください」と聞く。
  • 大手キャリア各社のサポートページから解除する。

ただし、解除にあたって料金がかかる場合があるのと、解除できない機種があります。解除できる機種・できない機種の基準はキャリアごとに違います。

解除についての細かい条件はキャリアごとに異なるので、いまお使いの大手キャリア公式サイトで調べたり、キャリアショップで聞いて確認しましょう。

特にiPhoneのSIMロック解除については、ずいぶん異なります。

大手キャリア契約のiPhoneで格安SIMを使う4つの方法。「SIMロック」がポイントです。

2017.06.16
SIMロック解除しなくても使える場合がある。

大手キャリアのスマホは「SIMロック解除」して使うのですが、以下の場合はSIMロック解除しなくても使えます。

  • ドコモのスマホをドコモ回線を使った格安SIMで使う
  • auのスマホをau回線を使った格安SIMで使う

逆に「ドコモのスマホをau回線を使った格安SIMで使う」場合はSIMロック解除が必要です。

また、ソフトバンクのスマホで格安SIMを使う場合は、どれを選ぶとしてもSIMロック解除が必ず必要になります。

 

2,大手キャリアに電話してMNP予約番号をもらう。

いま使っている電話番号を引き続き使いたい場合、電話番号を移す必要があります。

そのために、大手キャリアのサポートに電話して「 MNP予約番号 」をもらいます。

ぼくは以前ソフトバンクを使っていたのですが、まずサポートに電話してMNPしたいことを伝えたら、電話を切ったあとにショートメールで予約番号が送られてきました。

サポートに電話した際、継続するための様々な提案(=引き止め)にあいましたが、格安SIMに乗り換える気満々だったので全部断りました。

【予約番号は発行から15日間だけ有効】

MNP予約番号は、発行してもらってから15日間有効です。

この期間内に次に使う格安SIMを契約します。

万が一この15日間を過ぎてしまった場合は、MNP予約番号が無効になりますが、転出しない限り解約にはならないので、転出手数料もかかりません。

また無効になった場合でも勝手に解約されることはありませんので、MNPしたい場合は再度発行手続きをしましょう。

 

3,使いたい格安SIMを契約する。

予約番号をもらう手配が終わったら、次はこれから使う格安SIMを実際に契約します。

格安SIMを購入する方法は3つあります。

  • 格安SIMキャリア公式サイトから直接買う
  • Amazonでエントリーコードを買って、格安SIMキャリア公式サイトから開通作業をする
  • 格安SIMキャリアショップで契約する・大手家電量販店のサポート窓口で契約する

いちばんかんたんなのは、格安SIMキャリアの公式サイトにアクセスして、そこで直接買う方法です。この場合、手元に格安SIMが届くまでに数日かかります。

インターネットからでは不安だったり、サポートがないとわからないと思う方は、格安SIMキャリアショップに行って契約するか、大手家電量販店のサポート窓口で契約しましょう。

その場で相談に乗ってくれて、切り替え作業などもやってくれます。早いところではその日のうちに作業が完了するので、その場合はすぐに使うことができます。

契約時には先に入手したMNP予約番号が必要になりますので、忘れないようにしましょう。

 

4,大手キャリアから格安SIMに切り替わったら完了(格安SIM使用開始)

格安SIMの購入・切替方法に関わらず、すべての手続が完了して、手元に格安SIMが届いたら、切り替え作業を行います。

切り替え作業は「手動でやる場合」と「自動でやってくれる場合」がありますが、格安SIMキャリアごとに異なるので確認しましょう。

この作業が終われば、大手キャリアから格安SIMへと回線が切り替わって、晴れて格安SIMを使用開始することができます。

おつかれさまでした!

 

【スポンサーリンク】

格安SIM選びに迷ったら「LINEモバイル」「UQモバイル」を選んでおけばOK!

いま大人気の格安SIMは、いろんなところから出ているのでたくさんあります。

大手家電量販店の売り場を見ればわかりますが、全部見ているとキリがありません。

そこで、ぼくがオススメする2つの格安SIMを紹介しておきます。

 

LINEモバイル(ドコモ回線)

コミュニケーションアプリ「LINE」を作った会社の格安SIMです。

どのプランを選んでもLINEトーク・通話が使い放題になります。また、全体的に通信速度が速くて使いやすいです。

ぼくは2017年に入ってからMNPして使っていますが、LINEの他にTwitter・Facebook・Instagramが使い放題になって月1,690円と破格の値段になっています。

これよりもっと安いプランもありますが、ひとまず1,690円のプランを選んでおいて、月単位でプランを変更できるメリットを活かして使用状況を見ながら上下させるのがオススメの使い方です。

サポートが手厚いのも特徴になっていて、電話・メールの他にLINEでサポートを受けることができます。忙しい時でもサッと確認できるので、とても便利です。

こちらはドコモ回線を使った格安SIMなので、ドコモのiPhone・スマホを使っている場合はSIMロック解除をしなくても使うことができます。

毎月の通信費を12,801円 → 1,200円〜に下げる!格安SIM・LINEモバイル加入方法+おすすめプラン

2017.04.08

 

UQモバイル(au回線)

CMでおなじみの格安SIMキャリアです。

大手キャリア・auの子会社が運営しているので、auのサブブランドのようになっているせいか、通信速度が爆速で、サポートも手厚いと評判です。

また電話に向いたプランなども用意されているので、よく電話する方にとっては魅力的といえます。

ぼくの友人たちが何人か使っているので使用感を聞いていますが、「値段が安いのに速い」「節約モード(低速通信にするモード)でも結構使える」「auから乗り換えてよかった」という声ばかりです。

あまりに評価が良いので、ぼく自身も試しに導入をしようと考えています。

こちらはau回線を使った格安SIMなので、auのiPhone・スマホをお使いの場合はSIMロック解除しなくても使うことができます。

 

【スポンサーリンク】

格安SIMは誰でも使えるもの。ぜひ乗り換えてお得に生活しましょう。

ITに明るくない・詳しくない方からすると、格安SIMへの乗り換えはとてもハードルが高く感じられるものです。

でも、いまはどこでも情報があふれています。

詳しい乗り換え方やデメリットなどもすべて明らかになっています。ちょっと調べるだけでもすぐにわかることはたくさんありますよ。

格安SIM自体は誰でも使えるものなので、乗り換えて生活コストをググッと下げておくと、節約できたお金で旅行に行くことだってできます。電話をしない限り、ぼくは年間たったの21,000円しか払わずに済むので、本を買ったり美味しいものを食べたりしてますよ!

毎月10,000円前後支払っているスマホ代は無視できませんので、ぜひがんばって乗り換えてみましょう!