LINEモバイルは月1200円〜維持できる。スマホをあまり使わない人にオススメ。

【スポンサーリンク】

こんにちは、あるクマっぽい人(安宅寛高)です。

会社勤めをされているみなさんは、会社から携帯・スマホを支給されている方もいらっしゃるかと思います。

その場合、日中の間は自分のスマホをほとんど触らない人って多いのではないでしょうか。

ぼくも以前会社支給の携帯を持たされていたのですが、仕事中はプライベートの連絡を確認しない・見ないことが多くて、自分のスマホはほとんど使っていませんでした。

その頃は毎月のモバイルデータ通信量が1GB行くか行かないかくらいだったので、いかに使っていなかったのかがよくわかります。それなのに、毎月の維持費が8,000〜10,000円以上もかかるなんてイヤですよね。

総務省の統計によると、2017年3月時点での一般家庭における一人あたりのスマホ維持費は、平均で月12,801円になるそうです。年間にすると153,612円なので、さすがに高いですよね。

そういうプラン・契約を組んでいるとはいえ、毎月そんなにたくさん支払うなんて、どこがどうなったらこうなるの?と思ってしまいます。もしぼくと同じように思っている方がいらっしゃったら、ぜひ格安SIMに乗り換えるべきですよ!

 

LINEモバイルなら月1,200円から持てます。

「スマホをほとんど使わない」「データ通信量は毎月1GBも使わない」という人にぼくがオススメしたいのが、格安SIMの中でも特に優れている「LINEモバイル」です。

(引用:LINEモバイル公式サイトより)

特に優れている理由が2つあります。

  1. 毎月の維持費がとにかく安いのにLINEトーク・LINE通話が使い放題
  2. LINEの年齢認証ができる

 

1,毎月の維持費がとにかく安いのにLINEトーク・LINE通話が使い放題

LINEモバイルは格安SIMの一種で、大手キャリア(ドコモ・auなど)と比較すると、毎月の維持費がとにかく安いです。

どれくらい安いかというと、こんな感じです。

プラン名 LINEフリープラン
データ通信量 1GB/月
サービス形態 データ通信+SMS+音声通話
毎月の維持費 1,200円

LINEのみが使い放題になる「LINEフリープラン」で、月1,200円+通話料です。

このプランはデータ通信量が1GBと大変少ないですが、電話はあまりかけない・データ通信もほとんどしない・ゲームもそんなにやらない、でもLINEはそこそこ使うという人にはピッタリなプランです。

たった1,200円でLINEトーク・LINE通話はデータ消費ゼロ(=使い放題)なので、1GBを消費せずに使うことができます。友人や家族との連絡をLINEにすれば、追加料金を支払うことなくとても安く維持することができます。

これのおかげで、月末にデータ通信量が不足したとしても、LINEだけは快適に使うことができます。実際に使ってみると、これはかなり便利で嬉しいサービスです。

もしLINEだけでなくTwitter・Facebook・Instagramも使い放題にしたかったり、データ通信量を増やしたかったら、維持費は上がりますが「コミュニケーションフリープラン」がオススメです。

使ってわかった!「LINEモバイル」はスマホを持つ人全員にオススメ!

2017.02.01

 

2,LINEの年齢認証ができる。

LINEモバイルは、LINEの年齢認証ができます。

これのなにがすごいのかというと、その他の格安SIMでは年齢認証ができなくて、だから特徴のひとつになっています。

いままでの格安SIMでもLINEを使うことはできましたが、年齢認証だけはできませんでした。大手キャリアを使っているときは特に問題なかったことですが、格安SIMではこれができなくて、その結果「ID検索」が使えませんでした。

「ふるふる」や「QRコード」があるので、「ID検索」はあまり重要ではないかもしれませんが、これがあるかないかで便利さは結構変わります。

それがあたりまえに使えるのはここだけで、しかもLINEトーク・LINE通話が使い放題とあって、人気になっています。

 

【スポンサーリンク】

本当にそんなに安くなるの?→本当です。使わないなんてもったいないです。

格安SIMは「格安」なので、ほんとうにそこまで安くなります。

でも、よく知らないと「それほんとうなの?」と思われますよね。

というわけで、そんなふうに疑問を感じている方のために、ぼく自身の例を出しておきます。

ぼくは3年ほど前まで大手キャリアで契約していました。当時最新だったiPhone6・SIMフリー版を購入しようと考えていたので、それならば格安SIMに移行しようと決めました。それまでの月々の支払いと、格安SIM移行後の支払い金額は、これくらい違います。

  • 大手キャリア契約時 → 月6,000〜8,000円支払い(年間72,000〜96,000円)
  • 格安SIM契約後 → 月1,700〜2,000円支払い(年間20,400〜24,000円)

ご覧のとおり、毎月4,000円以上の浮いている計算になります。年間にするとかなりの開きがありますよね。ほんとうにこれくらい違うんですよ。

ぼくからすれば、平日ほとんど自分のスマホを使わないのに、高い料金を払うだなんて太っ腹だなぁと思ってしまいます。

え?お金があるから問題ない?でも乗り換えるだけで節約になるから、浮いたお金でリアルに旅行に行けますよ!

 

【スポンサーリンク】

LINEモバイル・LINEフリープランはこんな人にオススメ!

LINEモバイルのLINEフリープランは、こんな人にこそオススメです。

  • 自分のスマホはほとんど使わない
  • LINEはそこそこ使う
  • 電車の乗り換え検索・天気予報確認くらいは使う
  • ゲームはほとんどやらない
  • 電話はたまにときどきかけるくらい
  • いままで使っていた電話番号は維持したい

自分のスマホは持っているけれど、そんなに使わない人で、でもLINEは友だちが使っているからそこそこ使うという人ならば、LINEフリープランがまさにピッタリです。

電話番号は変えたくないし、ときどきは電話をかける・かかってくるという人でも、毎月の維持費をたった1,200円に収めることができます。

そんなに使わないのに、毎月3,000〜8,000円くらい支払っているのがバカらしくなりますよね。

 

LINEモバイルは心底オススメ!使わないほうがもったいない!

ぼくはLINEモバイルに乗り換えてしばらく使っていますが、通信速度は早いし、LINEのデータ消費ゼロは予想どおりめちゃくちゃ便利だったので、あまりの良さに友人たちにはひたすらオススメしまくっています。

つい先日も、友人とLINE通話で1時間くらい長話してしまいましたが、その通話が0円になっているのだからスゴいですよね。とはいえ「本当にゼロかな?」とちょっと疑っていたのですが、実際にデータ消費量を確認したところ確かにゼロでした。

ここまでおトクになってしまったので、他社の格安SIMにはもう戻れませんし、変えられません。

正直、他社の格安SIMでもLINEを使い放題にしているところはありますし、維持費だけを見たらさらに安いところもあります。でも、LINEモバイルはLINEアプリを作った会社の子会社がやっているサービスです。LINEに関して提供しているサービスのレベルが段違いです。

サポートもLINEで受けられますし、データ残量や当月の支払い金額などの連絡もLINEで届きます。サービスのほとんどがLINEにまとまっているので、あちこち確認しなくて済むのでわずらわしくなくて、ユーザーとしてはとてもラクです。

スマホの維持費に悩んでいる方や、そんなに使わないのに高いお金を払い続けている方、会社携帯があるので自分スマホの必要性が薄い方など、ぜひLINEモバイルを検討してみてください。こっちに乗り換えれば確実に安くできて、さらにおトクに使えますよ!

 

LINEモバイル」に乗り換えて半年以上使っています。これは誰にでもオススメできる「最強格安SIM」です。

ヘビーユーザーこそLINEモバイルに乗り換えたほうがいい4つの理由。

2017.03.03