ウォーターサーバーなら安心安全な水が飲める。都会で子育て中やダイエット中ならぜひ用意したい。

【スポンサーリンク】

こんにちは、あるクマっぽい人(安宅寛高)です。

みなさんは、水を飲もうと思ったらどこで手に入れていますか?

いちばんかんたんなのは自宅の水道の水を飲む方法ですが、それを嫌って避けている人は結構いますよね。

もっとかんたんに天然水や浄水が飲めたらと思っていますが、間違ってもコンビニで買ってこようとか、安いからといってホームセンターなどで重いものをまとめ買いする気にはなれません。

ぼくは一人暮らしの知恵で浄水ポッドを買って使っていますが、もし家族がいるとか、子育てしているのなら、流行りの「ウォーターサーバー」を導入したほうが手軽だな…と考えています。

そこで、実際に使っている友人たちに聞いた感想と、コストやメリットについてまとめてみます。

 

ウォーターサーバーが流行っている理由を自己調査してみた。

ここ数年で、家庭内にウォーターサーバーを設置する人が増えました。

以前から企業内やスポーツジムに設置してある姿はよく見かけましたが、それが家庭内に進出しているイメージです。

実際、ぼくの友人たちは多くの人が設置していて、赤ちゃん・子供がいる家庭になればなるほど設置率が高いんですよね。これはなにか理由があるのかな…と聞いてみたところ、こんな回答が得られました。

  • 手軽に安心安全が買える・手に入る
  • おいしい水がいつでも飲める
  • 価格が意外と安い
  • デメリット → 電気代がかかって、製品によっては水の購入ノルマがある

 

手軽に安心安全が買える・手に入る

ウォーターサーバーの水は、メーカーが採水した水を工場で衛生的にボトリング・パッケージングしています。

飲料水に万が一のことがあってはならないため、かなりしっかり衛生管理がされているという点を考えれば、とても安心できると言えそうです。

また、コンビニで売っている天然水ペットボトルと同じで、しっかり密封されているので安全です。

つまり、手軽に安心安全が買えて、それがかんたんに手に入るというメリットが大きいから選ばれている、ということですね。

 

おいしい水がいつでも飲める

無味・無臭な水にも、味はあります。

きっと誰もが経験のあることだと思いますが、天然水と呼ばれる水と、水道水を飲み比べれば、その差はかんたんにわかっちゃいますよね?

水道水は塩素で消毒しているので、独特の味や臭いがします。これをそのまま赤ちゃんのミルクなどに使うのは、さすがにオススメできませんよね。

ぼくが聞いた限り、赤ちゃん・子供のいる家庭でウォーターサーバーが流行っている最大の理由は、この部分だと言えそうです。

 

価格が意外と安い

ぼく個人は、ウォーターサーバーについてずっとこんな風に考えていたんですよね。

「ブランドにこだわらなければ、コンビニで天然水500mlが100円程度で買える時代に、わざわざウォーターサーバーを導入する理由ってなんだろう?」

でも、思いのほかかんたんに理由がわかってしまいました。

ウォーターサーバーの水は意外と安いんですよ。ブランド・製品によって値段は変わりますが、有名な「アクアクララ」だと1Lあたり128円ほどで購入できます。

こんなに安いのに、配送無料・サーバーレンタル料無料などの特典がつく会社もあるくらいです。

すごいサービスだ…。

 

デメリット → 電気代がかかって、製品によっては水の月間購入ノルマがある

ウォーターサーバーには飲料水を冷やす「冷却機能」や、逆に温める「加熱機能」がついている製品があります。

それを電気で動かすため、その分の電気代がかかることになります。「アクアクララ」を例に出すと、サーバーの種類によって350〜1,000円程度とかなり開きがありました。

また、製品によっては水の月間購入ノルマ(定期購入)があります。条件は製品ごとに違いますが、例えば「7L入りボトルを月2本は最低購入する」というようなものです。

とはいえ、ウォーターサーバーを使う以上は、水は必要になるので、置き場所に困らないのであれば購入はしますよね。

 

【スポンサーリンク】

ぼくが個人的に契約するなら「フレシャス」がいい。

気になって色々調べていくうちに、ぼく個人が契約するならこれが良いという製品が見つかりました。

それが「フレシャス」というウォーターサーバーで、「サーバーのデザイン性の高さ」と「天然水を供給してくれる」点が非常に気に入りました。

ウォーターサーバーは自宅にずっと置いておくものなので、目に入ったときのデザインがいいほうが満足感がありますよね。

特に「dewo」というサーバーは、「グッドデザイン賞」と「JIDAデザインミュージアムセレクションに永久収蔵」として選ばれています。省エネにもこだわっていて、光を検知してスリープモードになったり、エコモードがある点も見逃せません。

供給される水はボトルではなくパックに詰められているので、空けてしまえば折りたたんで小さくしてから捨てることができます。ペットボトルのようにかさばらず、ごみ捨てがラクになって最高ですね。

水は1パック7.2L入り × 4パック/箱単位での定期購入になりますが、富士山付近で採水された天然水が1パック1,167円なので、500ml換算すると約81円と大変お得です。

一人暮らしなどで消費量が少ないとか、旅行に行っていてあまり飲まなかったというときでも、定期購入を翌月にスキップ(=1回パス)できるので、ユーザーからしたら使い勝手がいいですね。

 

【スポンサーリンク】

結論:都会で子育て中やダイエット中ならぜひ用意しておきたい。

子育て中の友人の多くがウォーターサーバーを導入しているので、なんでだろう?と思って調べてみたら、「これは買うわな」という結論に至りました。

わざわざ天然水を買いに行く必要がなく、自力で重いものを運ぶことなく自宅に届いて、しかも常に安全安心な水が飲める・使えるというのは、相当なメリットですね。

ウォーターサーバーの水だったら安心して飲めますし、これだったら子どもたちにたくさん水を進めることができます。なにより、いちばん気を使う赤ちゃんにも安心してミルクを提供できる点は、もっと高く評価されてもいいと思いました。

よく「水ダイエット」なんて言わてますが、水を飲むことでダイエット効果も期待できますよね。積極的に水を飲むと、血液循環のアップや老廃物排出などの新陳代謝を促して、身体内部の循環を良くすると言われています。

60%が水分と言われている人間の身体にとって、水分摂取はとても大事なことです。それを安心・安全に、しかも手軽においしい水が手に入るのであれば、かなり安い投資ではないでしょうか。