自分が使える言葉を増やす。読書することでブログの表現の幅はいくらでも広げられる。

【スポンサーリンク】

ぼくがこだわっていることのひとつに「言葉を増やす」というのがあります。

大学時代の恩師がこのテーマでゼミを運営していたのですが、この時の経験が今こうしてブログを書くときに活きているなぁと感じています。

これ、難しいことではないですし、誰でもできることなので、ちょっとだけ頭の体操をしてみませんか?

 

1つのことからいくつ連想できるか

あなたはひとつの物事から、いくつ連想することができるでしょうか?

例えば「トマト」から連想する表現を挙げてみてください。「トマトと言えば…」という感じで進めて頂ければOKです。

ぼくだったら、「赤い」「甘い」「みずみずしい」「丸い」「渋い」「木になる」「もぐ」「フルーツ」「野菜」「おいしい」…などなど、たくさん出てきました。トマト1つでこれだけ連想して表現できます。

ここがポイントなんですよ。

ぼくは記事を書いていて、表現に詰まったり、どう書いていいかわからない!という事態に陥ることが時々あるのですが、そういうときは頭をフル回転させて連想するようにしています。いま書きかけている、そこで言いたいことが繋がらなくなったとき、なんて表現したらうまくつながるだろうか?と考えるのですが、そのときにたくさん連想できれば、次に繋がる文章の選択肢が広がります。

さらに言うと、そもそもその前の文もおかしくはないか?とか、並びを変えてみたらどうか?とか、色々想像して、もっとスムーズにつながる方法を常々考えていけば、その後の文章の展開を大きく広げられます。

この連想は、10個は思い浮かべたいところです。それだけあればどのようにもつなげられるし、2つの選択肢をそれぞれ小見出しにして書き出すことだってできるはずです。一見すると地味な作業に見えますが、10個連想すればいいだけなので、かんたんな脳トレみたいな感じでやって頂ければいいですよ。

え?10個は厳しいですか?いやいや、まずはやってみましょうよ。なるべく10個に近づけてみてください。

 

言葉を増やしたければ本を読もう!

言葉を増やしたければ、とにかく本を読むことです。もうこれしかありません。

ゼミでも言われていましたが、色んな表現に触れられる貴重な機会が本の中にあるんですよ。まさに知識の宝庫です。

そこに使われている言葉や表現は、ブログ記事を書くときに参考になるものばかりです。本を読むことでそういう言い回しを吸収することができるので、積極的に読むことをオススメします。

いま本を読むなら「Kindle」がオススメです。ぼくも愛用していますが、iPhone/Android用Kindleアプリも出ていますので、これを使えば電車で移動している時など、すぐに読み始められますよ。

Kindleはどなたにもオススメしていますが、特に本好きの方には絶賛オススメですよ!

本棚を持ち歩く感覚。Kindle本を読むのに「Kindle Paperwhite」にかなうガジェットはなかった。

2016.01.21