「繋」ぼくにとっての2016年を漢字一文字で表してみた。

スポンサーリンク
日々のいろいろ
【スポンサーリンク】

2016年を漢字一文字で表す

毎年この時期になると「2016年を振り返って今年1年を漢字一文字で表す」というのをやっていますよね。

ちなみに今年は「金」だそうです。

今年の漢字、2016年は「金」|マイナビニュース

これにならって、ぼくも自分自身の今年1年を振り返ってみて、漢字一文字で表してみます。

ちなみに昨年は「序」を選びました。

[kanren postid=”4428″]

2015年はブログを始めたり、オンラインサロン・ローカルスクールに入って勉強したり、MECダイエットなんてやってましたね…なつかしいなこれ。

始めたことが多かったので「序」を選びました。

さて今年は…?

 

2016年のぼくは「繋」です。

今年のぼくを漢字一文字で表すならば…少し考えましたが、「繋」を選びました。

「繋」は「つながり」と読めますが、他にもいくつかありますね。

  • 「繁殖」(はんしょく)
  • 「繁る」(しげる)
  • 「繋ける」(かける)
  • 「繋」(きずな)
  • 「繋える」(とらえる)

一文字で「きずな」と読むというのを始めて知りましたが、これこそまさにこの漢字がピッタリだと思った理由です。

ぼくはこの1年さんざん苦労しました。

年の初めから地方移住についての勉強をして、次のステップへの決断したまではいいのですが、その後会社でひどい目にあい、辞めるまでの間精神的にもおかしくなり、なんとか会社を辞めて、ようやくフリーの身になりました。

[kanren postid=”8341″]

自分が持っている正義感のおかげで、しなくてもよかった余計な苦労をしてきましたが、その間多くの方に支えられました。

仲間・友人・親友・両親が多くのアドバイスとフォローをしてくれて、本気と本音で話し続けてくれたから、いまのぼくは生きています。

それがなかったら、ぼくはとっくに潰れていました。自慢にもなりませんが、マジでひどかったんですよ…。

[kanren postid=”9282″]

多くの「つながり」や「きずな」があったからこそ、ぼくは次の一歩を踏み出して、自分が思うステージへと進むことができました。

ほんとうに感謝してもしきれません。

 

2017年こそが本当のスタート

いままでは仕事の予定でほとんどが埋まっていたぼくのスケジュールですが、まったく白紙の状態で2017年がスタートしようとしています。

いまある予定といったら、ギター関係と、スキーの予定と、ときどき外出するくらいなものです。

それ以外はすべて自宅でひたすら仕事します。

ここからがぼくのスタートです。

自分がやりたいことだけをやり続ける生き方を選んだので、この先どう変わっていくのか…というワクワクしかありません。

組織にとらわれない生き方・自由な働き方を身をもって証明するために、ぼくは進んでいきます。

 

全カテゴリー
日々のいろいろ
スポンサーリンク
あるクマっぽい人(安宅寛高)をフォローする
クマノオト
タイトルとURLをコピーしました