Chromebookを格安SIM+スマホでテザリング。データ消費量を計測したらノマド向きだった。

【スポンサーリンク】

Chromebookを格安SIM+スマホでテザリングして使ってます。

ぼくが外出時のお供として、必ず持って出歩いてるChromebook Flip

本体重量890gなので、サクッと持ち運んで使っています。

このときに重要なのがインターネット回線です。Chromebookはインターネットにつないで使うことを前提としているので、ネットがないと全機能をフル活用することができないんですよね。だから作業場で通信できるかがカギになります。でも毎回フリーWi-Fiなどが飛んでいるとは限りません。

そこで重宝しているのが、格安SIMを挿したスマホでのテザリングです。これがあればどこでも通信することができます。そして、Chromebookはデータ消費量が圧倒的に少ないので、テザリングに優しいんですよね。

そういう意味では、ノマドする人はChromebookに乗り換えたほうが幸せになれますよ!

 

【スポンサーリンク】

テザリング時のデータ消費量を計測してみた。

「テザリング」とは。

「テザリング」とは、スマホ・タブレットをPCのインターネット回線にする機能のことです。

お手元のスマホなどを親機にして、そこにPCを接続すると、携帯電話回線を使ってインターネットに接続することができます。「ポケットWi-Fi」や「WiMAX2+」などのモバイルルーターを別途持ち歩かなくてもスマホ・タブレットさえあれば通信できるので、余計な出費をせずに外出先で使うことができます。

手軽な反面、PCは通信量が多い傾向があるので、使い続けているとデータ消費量がかさんでしまい、気がついたら上限に達していたなんてことにもなりかねません。

 

Chromebookを格安SIM・LINEモバイル+スマホのテザリングで使った結果。

ぼくはスマホのテザリングを使って、Chromebookを外出時にインターネットにつなげています。

使っている格安SIMは「LINEモバイル」ですが、通信速度が速くて快適に使えています。おかげでどこでも快適に仕事できるのですが、何度も使ってみた結果、ぼくの使い方ではビックリするほどデータ消費をしないということがわかりました。

実際の計測データを分析してみると、それが明らかです。

 

【データ消費量分析】

(使用環境:テザリング使用中は常時Wi-Fi接続、ChromeブラウザでTwitterを常時更新)

  1. 152MB(4時間連続使用、ブログ記事作成・メンテナンスに使用)
  2. 86.19MB(1時間連続使用、ブログ記事作成・SNS返信などに使用)
  3. 59.93MB(1.5時間連続使用、ブログ記事作成に使用)
  4. 120MB(3時間連続使用、ブログ記事作成・Webで調べものなどに使用)

 

1,152MB(4時間連続使用、ブログ記事作成・メンテナンスに使用)

この日は都内某所で長時間に渡って作業していました。

作業量が多くて、記事をかなりの数書いていたんですよね。合間にはSNSで返信していましたし、またTwitterは常時起動していましたので、通信が定期的に発生しています。

ずいぶん使ったわりには152MB収まりました。自分の使用感とは違って、ずいぶん抑えられていた印象です。

 

2,86.19MB(1時間連続使用、ブログ記事作成・SNS返信などに使用)

この日も都内で作業していました。短時間ではありましたが、記事を書いたり、SNSで返信したりしていました。

この時もTwitterを常時起動していて、調べものをしていたのでかなり通信したはずです。それでも86.19MBと少なめでした。

 

3,59.93MB(1.5時間連続使用、ブログ記事作成に使用)

この日は神奈川県内で作業していました。

Twitterを常時起動+Googleで調べものをしながら2記事書いていました。それでたったの59.93MBです。これはかなり少ないでしょう!

 

4,120MB(3時間連続使用、ブログ記事作成・Webで調べものなどに使用)

このときは、ブログ用に2記事を書き、その間に調べものをしたり、Twitterに投稿・返信するなどやっていました。

画像をダウンロード・アップロードもやっていましたが、3時間でたったの120MBとはかなり消費が少ないですね。

 

【スポンサーリンク】

結論:ノマドするならChromebookに限る。

Chromebookは起動時にGoogleアカウントへのログイン+OSアップデート確認がありますが、あとは余計な通信が発生しない点がひとつの特徴になっています。

これがMac・Windowsだとそうはいきません。バックでいろんなソフト・アプリが通信します。ウイルス対策ソフトのアップデートはかかりますし、あれもかかるこれもかかるものが積み重なっていくと、格安SIM+スマホのテザリングでちょこっと使うという感じではすみません。

だからWiMAX2+などの高速・定額通信できるモバイルルーターが必要になるんですよね。

でも、Chromebookなら余計な通信をしないので、テザリングで十分対応できます。ウイルス対策ソフトがそもそも存在しないのでデータベースのアップデートはありませんし、様々なアプリがバックでひとりでに動くこともありません。

考えれば考えるほど、モバイル用PCにChromebookを選んでおくと運用面・費用面でのお得感が高いです。モバイル用PCの購入を検討している方や、文字入力がメインの方は、Chromebookをぜひ検討候補に入れておくといいですね。

日本のAmazonでも安くていい機種が買えますし、本体が安いのであまり神経質にならないで使っていくことができるので、とてもいい相棒になってくれますよ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。