いまの時代、安定したければ「複業」して収入源を増やすべし

持論です…というか、事実ですよねこれ。

収入源が今いる会社からしかないなんて死亡フラグすぎる

人は働くことで収入を得て生活しています。

言い換えれば生活するために働いているわけですが、好きな仕事をしているかどうかは別にして、ほとんどの人が収入を得る手段として会社勤めを選んでいますよね。

でも、もし今いる会社が明日には倒産してしまったら、あなたはどうしますか?

または、今日出社して突然解雇を言い渡されたら、どうしますか?

どんなにがんばって働いていたとしても、会社がなくなってしまえばそんなものは一瞬で水の泡です。残念ながらあなたの都合なんて関係ありません。

世の中、再就職に対してなかなか厳しいことは変わりありません。ニュースや噂話で聞くとおりで、年齢が上になればなるほど厳しさが増すのも現実です。

はっきり言って、収入源が今いる会社からしかないなんて、確実に死亡フラグです

収入源が途絶えたら、誰だってきっと慌てますよね。

そんなことにはなりたくないですが、すぐ隣りにある現実ですよ。

 

副業ではなく「複業」すべし

じゃあどうすればいいの?という話ですが、かんたんに言ってしまうと「 複業せよ 」です。

よくいわれる「副業」ではありません、「複業」ですよ。

つまり、「 色んなところから収入が得られるように、自分なりに仕組みを作りなさい 」っていうことです。

会社に勤めるかたわらそれこそ副業して副収入を得るとか、個人事業主になって色んな人・場所・会社とあちこちで仕事するとか、バイトを掛け持ちするとか、いろんな方法が考えられるじゃないですか。

なんでもいいので、まずはひとつやってみることをオススメします。やってみてから、自分に合う・合わないや、もっと広げるにはどうすればいいのか?など、また考えればいいわけですし。

ちなみに、「うちの会社は副業禁止だからできない」とか言っている人、それ死亡フラグです。

それってその会社が悪いんじゃないですよ。その会社を選んだあなたが悪いんですよあなたにフラグが立っているんですよ。

会社にはルールがあるのだから、それに則って仕事をするのはあたりまえです。それを無視して副業するのはお門違いでしょう。

 

複業して収入源を増やせる体制を作れ!

というわけで結論。

複業して収入源を増やせる体制を作れ 」です。

そうすることが、多くの人が望んでいる「安定」につながります。

それには、いまからでも遅くないですし、色んな方法があるのですから、検討してやってみませんか?

かくいうぼくもいままさに構築中です。

まぁ、あろうことか先に会社を辞めちゃいましたけどね。でも、集中してそちらに取り組みたいからいいんですよ。それくらい覚悟してやる価値があると思っているので

あまり難しく考えないで、まずは自分でできることを探してみませんか?