インターネットで稼ぎたいけど単価が安いからイヤだなぁ…ってちょっと待って!最初はそういうものでしょ!

【スポンサーリンク】

インターネットのお仕事は単価が安めですが…

インターネットに出てくるお仕事依頼は、単価が安めのものが多くあります。

クラウドソーシングサービスの【ランサーズ】【クラウドワークス】を眺めていると、例えばこんな感じの依頼が出てくるんですよね。

  • 記事執筆依頼
  • 800文字以上
  • 1記事100円

1記事800文字以上書くことが求められていて、それで100円の報酬になるわけですが、1文字あたりの単価(文字単価)計算すると [ 100 ÷ 800 = 0.125円 ] になります。

文字単価0.125円って、信じられないくらいものすごく安いですよね。

「いったいどれだけやれば稼げるの…?」という感じです。

そういう依頼だから仕方ないとしても、ここだけ見たらものすごく安いし、これじゃあやっていけないよな…と思うかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

ちょっと待って!最初はそういうものでしょ!

ぼくはこの状況をみて、「最初のうちはしかたないよね」と思っていますし、「最初はそういうものだから積極的に受けるべきだよね」と考えています。

なぜなら、仕事を受けなければ実績を積めないし、実績がなければより大きな案件を受注することができないし、なにより相手から信用してもらえないからです。

もちろん、最初からもう少し条件の良い仕事を受注することだってできます。実際、探せばいっぱいありますから。でも、スタートした当初はそういう低単価案件でも受けてみて、やり方を覚えるほうが優先です。やり方がわからなかったら先に進めませんからね。

小さな案件でも指定通りの方式で、納期を厳守して提出できれば、目には見えない「小さな信用」がどんどん積み重なっていきます。この信用を作ることが最優先です。

大型・巨額案件を1件やったからといって、じゃあそれでその人を信用できるのか?といったら、発注する側から見ても「?」です。ぼくだったらそれだけでは信用できませんので、たぶんみなさん同じ気持ちなのではないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

最初は少額なのはあたりまえ。続けるから稼げるようになる。

スタートしたばかりの段階で、実績も信用もなくて、初めて挑戦する分野で仕事をする人は、最初に受ける仕事の報酬はどうしても少額になります。

そもそも、最初から「たくさん稼げるものだ」と思って始めるほうがナンセンスです。

そこだけを見て「あぁ、やっぱりインターネット系の仕事は儲からないんだ…」と思ってやめていく・そもそもやらない人が多いのが現状ですが、だからこそ残ってひたすら続けていく人が稼げるようになっていくんですよね。続けていれば勝手にライバルが減るので、こんないいことはありませんよ。

というわけで、【ランサーズ】【クラウドワークス】で仕事して稼ぎたいと思っているのであれば、まずは初めてみて、そこから少しずつレベルアップして、稼ぎを増やして行きましょう。

 

行動した人だけが自由に稼げるようになる。はじめるならいまでしょ!

【ランサーズ】にしても、【クラウドワークス】にしても、とにかく始めなければなんにもなりません。

  • 「自分のスキルを活かして仕事したい」
  • 「もっと働きたい」
  • 「もっと稼ぎたい」
  • 「経済的にもう少し楽になりたい」

理由はなんでもいいんです。やるかやらないか、ただそれだけですから。

もしなにかひとつでも心に引っかかるものがあったら、まずは登録してみませんか?

クラウドソーシング「ランサーズ」

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。