一度しかない人生。心の赴くままに楽しく生きればいいじゃない

【スポンサーリンク】

会社がすべてなの?

ぼくにアドバイスをくれる友人や先輩の言葉が、どうもしっくりきません。

  • もっと考えて生きろよ
  • もっと貯金しようとは思わないのか
  • 会社の上を目指してがんばれよ

大きなビジョンに向かって生きるようにとのアドバイスなのですが、どれもまったく魅力的ではないです。

ぼくはぼくなりに考えて生きていますし、いまを一生懸命生きています。もちろん貯金は必要だと思っていますし、わずかながらでも貯金はありますが、いまのところなんとか生きてます。会社の上を目指す…うーん、ぼくは目指してないですね。

 

ぼくはそんな風に生きることにはまったく興味がないし、ぜんぜん幸せだとは思わないので、ここはどうしても意見が合わないです。

 

【スポンサーリンク】

もっと自由に生きようよ。つらい生き方・働き方はやめようよ。

人生はたった一度きりです。

それなのに、会社中心の生活っておかしくないですか?

会社勤め人生のたった一部でしかないのに、それが全部みたいになっているんですよ。

もっと自由に生きていいのに、そうできないと思い込んでいるし、そういう選択肢を用意できていないところは社会全体の問題だと思うんですけどね。

しかも「ツラい」「残業イヤだ」「もう会社行きたくない」という人がいるんですよ。なんでいますぐやめないの?と思ってしまうぼくはおかしいのでしょうか?

どんなにスゴい人も、どんなに有名な人も、その生涯を終えてしまえばそこで終了です。

かんたんにいうと、後悔なんてしているヒマはないんです。もっと自分のために生きていいんですよ。たかが会社くらいのちっぽけな話で消耗していないで、つらい生き方・働き方をしている方はさっさと転職しちゃいましょうよ。

あなたの人生が充実するための一部でしかない「会社勤め」も、もっと自由に選んでいいんです。何のために働くのか、どうしてそこまでして働きたいのか、それでも働きたいのはどういう会社なのかをぜひ考えてみませんか?