あえて小さい家に住むとたくさんのメリットが得られる

あえて小さい家に住むと、色んなメリットを享受できます。

それは、一人暮らしだろうが、家族住まいだろうが、基本的に同じです。

あなたの家は大きい?小さい?いかがでしょうか?

0c2d7d4a1eb62b89006ba57efd5442d2_s

「小さい」という大きなメリット。

小さい家に住むことで、たくさんのメリットを享受できます。

ぼく自身、もともとは「家は広いほうがいいんだ」「広く使える空間があったほうが絶対に良いに決まっている」と、そう思っていました。

でも、今は違います。

自分が住むのに困らない程度の広さがあればそれでいい」と考えています。

実際、最初に住んだ一人暮らしの部屋よりも、その後引っ越して現在も住んでいる家のほうがはるかに狭いです。

あえて狭さを選びました。

じゃあそのメリットってなに?というと、パッといくつか挙げられます。

 

掃除が圧倒的にラク

これはかなりのメリットです。

掃除する面積が狭ければ、その分作業も減ります。

作業が減れば、掃除に掛かる時間だって減らせます。

こんな当たり前のことですが、やってみればその違いは身に染みてよくわかります。

これは圧倒的にラクです。

 

意識してものが減らせる

狭いので、ものを放置することなく片付けるようになります。

忙しいとついそこらへんに置いてしまいがちですが、それをやってしまうと自分の生活スペースが狭くなってしまうので、なんとかして片付けようという意識が芽生えます。

そもそも、ものが増えなければ困ることはないのだから、最初からものを増やさないようにしようという方に頭が切り替わります。

たったこれだけのことで、実際にものを増やさないで済むようになります。

 

必要なものしか買わなくなる

これは副次的効果ですが、ものを減らす意識があるので、いざなにか購入しようと思ったときに、かなりの勢いで脳内シミュレーションをするようになりました。

「これ本当にいるの?」「どれくらい使うかな?」「今あるもので代用できないのかな?」などなど、そんなふうに考えていると、実際に買わずに済むものもたくさんあります。

そもそも、買うという行為は人間の所有欲を満たすものです。

買わなくても、同じ効果が得られればそれで済むのですが、ストレス発散だとかでつい買ってしまいがちです。

そこを強烈な自制心をもってストップさせることも必要ですし、この狭い部屋にこれはいるのか…?と考える1つの理由にもなります。

うまくすれば、厳選したものだけに囲まれて生活できます。

これがまた結構快感なんですよね。

 

いろんなものが手の届く範囲に揃えられる

家が狭ければ、必然的にものとの距離が近くなります。

自分の生活空間の中で、ものすごく遠くにあるものがなくなります。

よく使うものは近くに、たまにしか使わないものはちょっと遠くに置くなど、自分でコントロールできるので、空間をスッキリしたまま保つことがかんたんです。

 

生活空間を広く快適なまま保ちやすい

掃除がラク、要らないものは減らす、そもそも買ってこない、手の届く範囲に必要なものを揃えられるとなると、とても快適な生活をすることができます。

ただ、そうはいっても生活を続ければ不具合やら汚れやら、ちょっとしたものなどが色々と増えてきたりするものです。

でも、そこは小さい家。

片付けがラクですので、もとの快適な空間に復元しやすいのも魅力です。

ほんと、ちょっと手を入れるだけですぐに快適になるんですよ。

 

小さい家には豊かな暮らしが詰まっている。

偶然、プロブロガーのイケダハヤトさん同じテーマを記事にしていらっしゃいました

「あえて小さい家に住む」という選択。実際にやってみたら、超快適でした|まだ東京で消耗してるの?

 

住まいへのこだわりは人ぞれぞれだと思いますが、今の時代に大きな家を買う・借りるというのは正直もう合っていないと感じています

生活するために必要な広ささえあれば、それで十分です。

一人暮らしなら、小さい家のほうが家賃も安く済む傾向がありますし、そもそも狭くても1人なら満足の行く生活ができます。

家族だったら、自然と顔を合わせる時間が増えますので、会話も増えるでしょう。

住まいやものの大小だけでは得られない価値は、実はとてもかんたんな方法で手に入るんですよね。

 

この記事を書いているぼく自身、いつか結婚したりして家が必要になったとしても、やはり大きな家を買う気はありません。

生活の豊かさは、住まいの大小に関係ないですから

自分たちが納得のいく生活ができれば、それで十分ですよ。

 

ぼくの一人暮らしの知恵をまとめています。

ぜひお読みください!

この春一人暮らしを始める大学生・社会人のみなさんに送る、ぼくの一人暮らしの知恵・まとめ。