1日1アイデアを実践する

ぼくは毎日の生活の中で、アイデアを生み出して、それを実践するように心がけています。

毎日やっていると、大小様々なアイデアが出てきて面白いです。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

どんなアイデアでも良い

ぼくがそんなことをやっているのは、ずっと同じままで変わらないばっかりの現状を変えたいからでした。

「もっと簡単にできるはず」

「これを使えばラクになるはず」

「30分掛かっていたけれど5分に短縮できるはず」

などなど、自分や他人が今抱えている悩みや問題をなんとかしたいと思って、勝手に考え始めたのがきっかけです。

 

ちなみに、先日こんなことがありました。

お客さんと、お客さんがいる店舗で話していた時のこと。

「大きな荷物を開梱してほしい。毎回これを出すのに苦労していて、腰を悪くしている」と言われたので、早速見たところ、ずいぶんと大きな段ボール箱がそこにありました。

口は上に付いているので、ごく普通に考えたら上に引っ張り出せばいいのでしょうが、本体がとてつもなく重い。

これは難しいなぁと思いましたが、少し考えて、段ボールの側面を開いて横に引っ張りだすことを提案しました。

すると、ものすごく簡単に取り出せてしまったのです。

これにはお客さんも大喜び。自分も余計な力を使わずに済んでラッキーでした。

 

先日の件は比較的解決しやすいことではありましたが、お客さんが喜んでくれたのでそれで良いです。

解決したいことに対して「なんでもいいのでアイデアを出してみる」ことが重要で、それを実践したことがプラスになるわけです。しかもお客さんも喜んでくれれば最高の結果だったと言えるでしょう。

もちろん、毎回ベストヒットな解決策が生まれるわけではありませんが、わずかでも改善できるのならそれは大きな成果です。

大小問わず、とにかく考えることが大切です。

毎日出すのってツラくない?

毎日必ずアイデアを出そうとしたり、問題解決しようとすると、多分出ません。

それよりは、悩みや問題を聞き取ることの方が重要です。そこにアイデアの元が埋まっているのですから。

プライベートでも仕事でも、まずは相手の言っていることをよく聞けば、そこから考えればアイデアは生まれます。

生み出した結果それがアイデアでなくアドバイスになるかもしれませんし、もっと深い提案になるかもしれません。

でも、より身近で即効性の高いアイデアを提供できれば、結局一番喜んでもらえるのではないでしょうか。

毎日誰かの役にたとうとしているわけではありませんが、でもやっぱり誰かが喜んでくれたら、それが一番のご褒美です。

 

自分にとっては、アイデアを考え出す思考回路が出来ますし、今考えたことが他のアイデアに活きるかもしれませんし、考えれば考えるほど広がって行きます。

奇をてらったことをする必要はありません。

ごくごく普通に考えることを続けてさえいれば必ず新しいアイデアは生まれますので、もし実践しようと思うのなら、ぜひひたすら考え抜いてください。

全然難しくありませんから♪