Gmailアドレス活用術。2個以上持つ+超シンプルな運用ルールを設定すると便利!

【スポンサーリンク】

誰もがアドレスを持っているであろうGmail。

Googleが作ったサービスの中で、古くからあるメールサービスです。

誰でも無料でアカウントを取得できるので大変便利なのですが、もうひと工夫することでさらに便利に使う方法があります。

今回は、ぼくが実際にやっているその便利ワザをまとめてみました。

ぜひ参考にしていただければさいわいです!

 

Gmailアカウントは複数持てる。それならば用途別に用意しよう。

Gmailアカウントは、ひとりが所有できるアカウント数に決まりはありません。

つまり1人が2個以上アカウントを持っていてもいいわけです。

この点を利用して、Gmailアドレスを2つ以上持っておいて、自分宛てに届くメールを用途別で完全に切り分けて運用することができます。用途別にしておけば、誤返信や見落としなどのミスを減らすことができます。

2つ以上アドレスを用意して、そこにこれからご紹介する「 絶対に崩れない超シンプルな運用ルール 」を組み合わせることで、誰でもすぐに使えて、とてもかんたんに使いこなすことができるようになります。

 

【スポンサーリンク】

超シンプル!ぼくのGmail使い分け術

このGmail使い分け術は、とてもかんたんに設定することができます。

誰でも使えるので、いますぐに使い始められます。

 

事前準備。

まずはGmailアドレスを2個用意します。

まだGmailアドレスを持っていない人は、こちらからアカウント作成できます

Gmail

ここでGmailアドレスを作成する際に気をつける点はたった1つです。「プライベート専用」と「プライベート以外(仕事・オフィシャル用)」という2つを意識してそれぞれアカウントを作ることです。こうすることで、あとで使い分けることができます。

  • Gmailアドレス1 → プライベート専用(友人・友達に教える専用、携帯大手キャリアメール代わり)
  • Gmailアドレス2 → プライベート以外(友人・友達以外に教える専用、仕事・オフィシャル用)

Gmailアドレス自体は「誰が」「どのように使う」という点まではルールなどで決められてはいないので、自分で「こう使う!」と決めるのがポイントです。そこまで決めてアドレスを取得したら、これで準備完了です。

ほら、かんたんでしょ?

 

絶対に崩れない超シンプルな運用ルールを設定する!

Gmailアドレスを2個用意したら、それを用途で使い分けます。

アドレス取得時に決めた「こう使う!」をいま一度思い出してください。2つのアドレスを「絶対に崩れない超シンプルな運用ルール」で使い分けます。

シンプルにしておくことが大事で、余計なことを考えず、そのまま使い続けることができます。

 

●プライベート専用のGmailアドレス(携帯大手キャリアメール代わり)

プライベート専用のGmailアドレスは、その名のとおり個人的に使うために用意します。

携帯大手キャリアのメールアドレス(@docomo〜など)と同じ感じで使うものだと考えたらわかりやすいでしょうか。

実際、ぼくは数年前に携帯大手キャリアメール(@softbank〜)からこのプライベート専用Gmailアドレスへすべて移行したので、こっちに届くメールは友人たちからのメールがほとんどです。

こちらのアドレスは、友人だけに教えるようにします。間違っても仕事関係で使ったり、メルマガやサイト登録などでは使いません。この点をしっかり押さえておくことで、プライベートに余計な情報が入ってこなくなります。

 

●プライベート以外のGmailアドレス(仕事・オフィシャル用)

プライベート以外(仕事・オフィシャル用)のGmailアドレスは、友人・友達とのやり取り以外のために使います。

ちょっと堅苦しく言えば「会社のメールアドレス」みたいなものだと考えるといいでしょう。もちろん実際の会社ではないので、「 友達以外に教える専用のアドレス 」という感じで用意します。

仕事関係や、サイトやメルマガなどに登録する際に使うメールなど、プライベートとは切り離しておきたいときにこちらを使います。個人事業主やフリーランスとして活動しているなどの場合でも、「仕事用」として2つ目のGmailアドレスを用意しておくととても便利です。

 

【スポンサーリンク】

この2つのGmailアドレスを絶対に混ぜることなく分けて使い続けるのがカギ!

この2つのGmailアドレスを混ぜることなく分けて使い続ければ、それで鉄壁の超シンプル運用ルールが完成です!

プライベート専用を間違って友達以外の人に教えることさえしなければ、あとはこのままなにも考えずに使い続けることができます。

ほんとうにたったこれだけです。これ以上考えること・やることは一切ありません。

ぼく自身、これ以外のことはやっていませんし、いままで間違ってプライベート専用Gmailアドレスを教えたことはないですよ。正直、「2つを使い分ける」以外なにも考えていません。

これを意識するだけで、友だちからのメールの間に仕事・広告っぽいメールが入り込まないので、ほんとうに気分がいいですよ!

 

まとめ:Gmailアドレスは用途に合わせて追加・削除しながら使うのがコツ!

この記事のまとめです。

  1. Gmailアドレスを目的・用途別に2つ以上取得する。
  2. プライベート専用のGmailアドレスは、友人だけに教える。仕事関係・メルマガなどには絶対に登録しない。
  3. プライベート以外のGmailアドレスは、仕事関係・サイトやメルマガ登録などする際はこちらを使う。友人には絶対に教えない。
  4. この2つを絶対に混ぜないようにする。

先ほどもお伝えしましたが、Gmailアドレスは誰でも・いくつでも・無料でアカウントを取得できます。この特性を活かして、必要に応じてアカウントを用意するのはとてもいい作戦なんですよね。

ぼくは過去に最大4つのGmailアドレスを使ったことがありますが、必要なくなったのでいまは2つだけにしました。

また、引っ越しするときに業者比較サイトを使った際は、「捨てアドレス」を新たに1つ作ってから登録しました。比較サイトは一度見積り依頼するとひたすら連絡が来るので、あの面倒なやりとりを完全に切り離したくてアドレスを分けました。

引っ越しの見積もり・業者選定が終わってしまえば、比較サイトと「捨てアドレス」は必要なくなりますので、削除するなり使わなくするなりしてしまえばOKです。二度と面倒なメールが届くことはありませんので、とても気楽でいいですよ。

クロネコ?アリさん?引越し業者はどう選ぶ?ぼくは「単身引越パック」を使ったよ!

2016.02.13

 

【スポンサーリンク】

Gmailをもっと活用できる「Inbox」が超便利!

とっても便利なGmailですが、Google自身がさらに使いやすくするために作ったのが「Inbox」というアプリです。

インターネット版もありますし、iPhone・Android用スマホアプリもあります。

Inbox by Gmail - あなたに役立つ新しいメールアプリ
Inbox by Gmail – あなたに役立つ新しいメールアプリ
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

こちらを使うと、メールの内容で自動的に同じ種類のメールをまとめて表示してくれます。

「旅行」「ショッピング」「マネー」「プロモーション」(広告のこと)など自動で分類分けしてくれたり、届いたばかりのメールをまとめて表示する「新着」など、とてもわかりやすく表示してくれます。

タスクマネージャー的な機能もあって、届いたメールを再度通知するとか、やりとりが終了したメールを「完了」すると受信トレイから移動させてくれるなど、かゆいところに手が届くんですよね。

すごく便利なので、一度使うと手放せなくなります。あまりに便利なので、ぼくも長いこと愛用しています。

Gmailを使うなら「Inbox」を活用するとより幸せになれるよ

2015.11.23

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。