会いたい人と直接会って話すのは大事だ。

【スポンサーリンク】

1日家から出ないってスゴいことに気がつく。

ぼくは在宅ワーカーなので、基本的には家にずっといます。

ずっとPCの前で記事を書き、時々メールやSNSに返信するのが日課です。

とにかく集中してやることが大事だと思っているので、ずっとこのスタイルでやっています。

でも、時々思うんですよね。

ほんとうにそれだけでいいのかな?

もっと出来ることがあるんじゃないのかな?

せっかくフリーなんだから、もっと自由なんじゃないのかな?

例えば、会いたい人に会って話すとか。それだって大事なんじゃないの?

 

【スポンサーリンク】

そういえば、あんまり人に会ってなかった。

ぼくは自宅にこもってひたすら作業するのが全然苦ではないんですよね。

とにかくずーっとPCの前でせっせと記事を書いたり、淡々と改善を続けたり、あちこちのブログを読みまくったりしてます。

そんな感じで自宅にこもって作業するあまり、あんまり外で人に会っていないことに最近ふと気が付きました。

せっかく自由の身なのに、その自由さをうまく使えてないんじゃないか?会いたい人ってたくさんいたよね?会いに行けばいいじゃない?という、いちばん最初に思っていた部分をすっかり忘れていました。

「忘れていた」ってスゴい話ですけど、ほんとそうなんです。単純に経費を抑えるために外出しないほうがいいと思っていた部分もありますが、それだと自分の世界が広がらなくて、どちらかというと小さくなっていくんですよ。

だから思ったんです。いまこそ会いたい人に会いに行かなくてどうする!?と。

 

【スポンサーリンク】

会いたい人と直接会って話すのは大事だ。

そう思ってからは、なるべく人に会うようにしています。

どんどん外へ出ていって、会いたい人に会ったり、必要なところへ出向いています。自分の仕事になるかどうかは抜きです。

会いたい人に会うことで、自分にはない世界に触れられるのは新鮮でいいですね。直接会ってみて、話してみて、この人はこんなことを考えていたんだ!とか、こんな感じの人だったんだ!という驚きが毎回あって、とにかく新鮮です。

そして、そのままの気分でどこかのカフェに寄ってPCを開いて記事を書いたり、頭を整理したりして、自分の中に生まれた新しい感覚をどうにか言葉にしようと考えています。

得たばかりの感覚をなるべく新鮮なままで、できる限り言葉に変換する作業は、淡々と記事を書くのとは違います。それが積み重なっていったら、もう少し自分が出したい言葉が出せるようになるかな…と思っています。

せっかく自由に動けるのだから、これからはもっとあちこちへと出かけて行きます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。