Gmailアドレスは1人2個以上持つのがオススメ!ぼくの使い分けをお教えしちゃいます!

いまや誰しもがアカウントをもっているであろうGmail。

Googleが作ったサービスの中で、検索の次によく使われているであろうメールサービスです。

こちら、だれでも無料でアカウントを取れるので、そこをうまく活用する方法があるんですよね。

今日はそんなぼくの使い分け方を伝授!

なにかの参考にしていただければさいわいです♪

d80de6c9496835ece101eb482d6b2918_sa

Gmailアカウントは用途で使い分ける!

せっかく誰でもいくつでもアカウント開設できるのだから、つまり1人が2個以上アカウントを持っていてもいいわけです。

「えー、なにに使うのそれ?」「なんかあやしい」とか様々言われそうですが、いやいやこれ結構大事な小技ですよ!

なぜなら、このひと工夫をするだけで自分宛てに届くメールをある程度コントロールできるのですから。

しかもやり方がかんたんなので、だれにもでもおすすめできるどころか、ぜひやるべきですよ。

 

早速そのやり方をご紹介します!

まずはGmailアドレスを2個用意します。

まだGmailアドレスを持っていない人は、こちらからアカウント作成できます

Gmail

Gmailアドレスを作成する際に気をつける点はたった1つ。

「プライベート用」と「仕事・オフィシャル用」という2つを意識してそれぞれアカウントを作ることです。

こうすることで、あとで使い分けることができます。

はい、これで準備完了です!

ほら、かんたんでしょ?

 

絶対に崩れない「超シンプルな運用ルール」を使う!

さて、ここからが本題。

Gmailアドレスを2個用意したら、それを用途で使い分けます。

その際の運用ルールは超シンプルです。

シンプルにしておくことで、余計なことを考えず、そのままやり続けることができます。

 

「プライベート用」は、その名のとおり個人的に使うために用意します。

ぼくは数年前に携帯キャリアメールからこのプライベート用Gmailアドレスへすべて移行したので、こちら宛に届くメールは友人からのメールがほとんどです。

 

一方の「仕事・オフィシャル用」は友人とのやり取り以外のために使います。

仕事のメールだったり、どこかへ登録する際に使うメールだったり、プライベートとは切り離しておきたいときにはこちらを使います。

 

この2つを混ぜることなく使い分けていけば、それで鉄壁の超シンプル運用ルールが完成です!

一度やってしまえば、あとはそのまま使い続けることができます。

本当にたったこれだけです。

でもこれこそがこのメール使い分けのキモなんですよ。

 

2つを分けて混ざらないようにしておくことがカギ!

普段使うメールアドレスが増えると管理が手間だったりしますが、Gmailは極力かんたんに運用できるように機能改善がされてきました。

最近だと、広告メールはすべて別のフォルダに自動で仕分けされています。

そのおかげで、不愉快なメールに出くわす確率が大幅に減りました。

ぼくなんかはそもそもメールをほとんど見ませんが、広告メールが見えないというのは気分がいいです

 

昨日書いた引越し業者選定の記事ですが、比較サイトに登録するメールアドレスが必要になるので、こういうときにもプライベート用とは別のアドレスがあれば、万が一何かあっても不愉快な思いをせずに済みます。

なんだったら、2つ目のアドレスは必要なくなったら使わないようにしてしまうのも手ですしね。

 

やり方はいろいろありますが、そのおかげで活用の幅がとても広いです。

しかもお手軽なので、ぜひお試しください♪