Chromebook FlipでAndroidアプリが使用可能に!限定的だけど便利!

【スポンサーリンク】

Chromebook FlipでAndroidアプリが使用可能に!

Googleが年1回開催するイベント「Google I/O 2016」で、「 ChromebookでAndroidアプリが動く 」と発表されました。

いくつかの機種で実際に対応が始まりましたが、使うことができるのは「タッチパネルを搭載したChromebook」です。

現状、日本で正規販売されている製品でいうと「ASUS Chromebook Flip C100PA」か「Acer Chromebook R11」だけになります。

ぼくはAndroidアプリが使えることを見越して「Chromebook Flip C100PA」を購入していましたので、対応開始と同時に早速使ってみました!

 

【スポンサーリンク】

Chromebook FlipでAndroidアプリを使うための設定。

手元にあるChromebook FlipでAndroidアプリを動かしてみたい!と思ったら、最新バージョンのOSにアップデートする必要があります。

具体的にはOSバージョン「53」以降で対応が始まったのですが、通常Chromebookは起動時に自動的にアップデートを確認→インストールが始まりますので、すでに使えるバーションになっているはずです(2017年5月24日時点では「58」)

いま現在のOSバージョンがわからないという方は、「設定」→「ChromeOSについて」をクリックすれば確認することができます。

Androidアプリを使うには、同じく設定画面の下の方にある「Google Play ストア(ベータ版)」のチェックボックスをクリックして有効にします。

「お使いのChromebookでGoogle Play ストアをご利用いただけるようになりました」と表示されるので、同意してログインすると「Google Playストア」が表示されます。

ここまできたら、あとは好きなアプリを探してダウンロードすれば使うことができます。

 

【スポンサーリンク】

Androidアプリが動くか試してみました。

試しにSkypeアプリをダウンロードして動かしたところ、しっかり動作してくれましたよ!

20160618 Chromebook Flip Skype2

Skypeの音声テストをやってみましたが、ごく普通に動作しました。ちゃんと自分の音声も返ってきたのでマイクも機能しています。

「Twitter」や「パズドラ」も試してみましたが、どちらも動作しました。ただし、まだ安定動作には至っていないようで、パズドラは動きが遅くなっていました。また、どのアプリでもうまく終了できないことがあったり、ずっとシェルフ上に残ったままになっていたりしています。

さすがにすべてのアプリを試すことはできませんが、現状では「使えるアプリ」と「使えないアプリ」があるということを覚えておけばよさそうですね。

 

まだ限定的ではあるけれど、豊富なAndroidアプリが使えて便利!

Chromebookは極力シンプルに作られています。

出来ることをひとことで言ったら「Chromeブラウザが使える」だけになってしまうからです。でもAndroidアプリが使えるようになったら、その点が解消されることになります。

ただし、現在のところアプリの使用はとても限定的です。使えるアプリ・使えないアプリが存在します。そこらへんがまだ「ベータ版」という理由なのでしょう。

2017年に発売になるChromebookはAndroidアプリの対応を進めるという話もあるくらいです。いずれ正式な対応がされれば、Chromebookへの注目度がより高まることになりそうです。

現時点でもたくさんあるAndroidアプリが使えるので、ユーザーとしては便利になるのでうれしい限りです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。
ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。
自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。
詳しいプロフィールはこちらから。