Universal Foldable Keyboardを購入。スマホ・タブレットが超軽量執筆マシンになるよ!

【スポンサーリンク】

Microsoft Universal Foldable Keyboardを購入。

ちょっと変わったキーボードを購入しました。

Windowsで有名なMicrosoft(マイクロソフト)が作ったキーボードなのですが、これがとてもスグレモノだったので、ご紹介します!

 

【スポンサーリンク】

外出中に手軽に文章を書きたい!でもスマホで書くのは手間だ。

ブログなどの文章を書いていると、外出中にも書きたくなる瞬間はたくさんあります。

「いまいいネタ思いついた!」とか、「あの部分をもっとこう書き直したい!」とか、書いているときは気が付かなかったのに、日常の何気ない瞬間に急にやってくるんですよね。

そういうときに、スマホやタブレットからサッと書くことはできるのですが、いかんせん入力がしづらいんです。

フリック入力には慣れているのでササッと書くことはできますが、スマホではどうしても全体を俯瞰できないし、タブレットは文字入力がしづらいと感じています。その結果、わざわざツラい思いをするくらいなら外で書く必要はないな…とあきらめていました。

でも外出する機会が多ければ多いほど、いつでもサッと書けるようにしっかりとしたキーボードが欲しくなります。そこで携帯性に優れたモバイルキーボードを探したところ、マイクロソフト製「Universal Foldable Keyboard」に出会いました。

以下のリンクは日本語80キーボードですが、ぼくは英語キーボードを使うので、そちらを購入しています。

 

【スポンサーリンク】

とても薄くて携帯性に優れた製品!

早速開封してみます。コンパクトなパッケージです。

IMG_0508

パカっと開けると、早速キーボードがお目見えします。スッキリ・シンプルですね。

IMG_0509

取り出して手に持ってみました。手のひらよりはちょっと大きいけれど、ものすごく軽いです。

IMG_0513

閉じたままの状態でiPad mini 4とサイズ比較。コンパクトです。

IMG_0515

横から見るとわかりますが、めちゃくちゃ薄いです。これで約180gほどです。

IMG_0514

開いてみます。不意に開かないようにマグネットで閉じられていますが、わずかにチカラを加えるとパカっと開きます。キータッチは浅めですが、打鍵感はしっかりあります。

IMG_0511

iPad mini 4と一緒に使うときはこんな感じです。それほど大きくないので、カフェなどの小さめテーブルでもしっかり使えます。

IMG_0516

設置方向を変えてもう1枚。こちらの方がよりノートパソコンっぽくなりますね。

Jpeg

 

このキーボードのメリット。

ごらんのとおりかなりコンパクトで薄いキーボードですが、こいつがなかなかいい性能を持っています。

 

1,防滴仕様!

こんなに薄いのに防滴仕様です。

海辺などで使っても問題ないですし、キッチンで使っても差し支えありません。

間違ってコーヒーをこぼしても大丈夫なので、カフェで文字入力しているときは心強いですね。

 

2,バッテリーが長持ち!

1日30分ほど使った場合、約3ヶ月はバッテリー持ちます。

どこにそんな電池が入っているんだ!?と目を疑ってしまいますが、それくらい持つようです。

途中でバッテリー切れになる心配はほとんどありませんね。

 

3,2台の機器を切り替えながら使える!

タブレットでテキストをガシガシ打っているときにスマホにLINEのメッセージが飛んできたら、キー1つで接続先をスマホに切り替えてサッと返信して、またタブレットに切り替えてテキストをガシガシ打ち続ける…なんてことができます。

これが地味に便利です。Bluetooth 4.0・HIDプロファイルに対応したWindows・Windows Phone・Android・iOSデバイスであればどれでも使えます。

 

【スポンサーリンク】

折りたたみ式だからこそのデメリット。

購入から1年以上使っていますので、こんなところが惜しいな…というデメリット部分も挙げておきます。

 

1,テーブルの上以外では使えない。

このキーボードは折りたたみ式なので、真ん中の折りたたみ部分がとても弱いです。

通常のキーボードのように1枚板になっていれば、どこに置いてもそこそこ使うことができますが、こちらではそれができません。

折りたたみ部分がヘニャっと曲がってしまうので、まっすぐなテーブルの上でないと文字入力がしづらいです。

 

2,折りたたみ部分の空白が使いづらい。

折りたたみ部分はキーが配置できないため、空白になっています。

構造上しかたないのですが、その空白が邪魔で文字入力が若干しづらいです。

世の中にはもっとはっきり分離しているキーボードもありますが、この製品でごく普通に文字入力しようとすると、真ん中付近のキーに差し掛かったときに打ちづらいと感じることがよくあります。

 

「Universal Foldable Keyboard」ものすごくイイぞ!

こちらの製品を買ってから、カフェで休憩しているときやファミレスなどで食事後に、サッと取り出してササッとテキスト入力できるようになりました。

実はここ最近のnote執筆は、このキーボードを使って書いている場合がほとんどです。

とても軽いので、iPad mini4と一緒に持って出かけても、重さを感じることなく持ち運べてます。両方合わせても500g行かないですからね。

  • iPad mini 4 → 298g
  • Universal Foldable Keyboard → 180g

価格はちょっと高めですが、その分品質がよくて使い勝手もいいです。

ぼくと同じように「 iPad/iPad miniはなるべくそのまま使いたい 」「 外出時に快適な文字入力がしたい 」と考えている方にはものすごくオススメできる製品ですので、ぜひ検討してみてください!