ランサーズでライティングしまくってたら「書く意識」が変わった。

【スポンサーリンク】

ブログから離れて活動していました。

こんにちは、あるクマっぽい人(安宅寛高)です。

ぼくはここ1ヶ月ほど、ブログから離れて活動していました。

あれほど「ブログが大好き!」「書くのが大好き!」と公言していたのに、なんで更新を止めてしまったのか。

実はとても大きな理由があるんです。

そのおかげで、ぼくの感覚はまた一段磨かれた…ような気がしてなりません。

一体何が変わったのか!?

そんなところを書いてみます。

 

【スポンサーリンク】

ランサーズでライティングばかりやっていました。

この1ヶ月間は、ずっとクラウドソーシング「ランサーズ」でライティング案件に取り組んでいました。

7月から本格的にやりはじめたのですが、その結果ありがたいことに取り組ませていただくクライアントが増えて、仕事が一気に増えたんですよね。

細かく言うつもりはありませんが、いま現在もアクティブにやり取りしているクライアントは両手で数えられるくらいになりましたし、それに比例して収入も徐々に増えています。

ただし、そちらに集中していたのでブログに取り組む時間が減ってしまい、気がついたら約1ヶ月ほど新規記事を書いていない…という状態になりました。

ブロガー仲間からは、「あいつは彼女ができてブログそっちのけになったんだ」と言われる始末…違いますよ?

 

【スポンサーリンク】

「書く意識」が変わった。

ランサーズのライティング案件は、クライアントからの依頼に対してランサーが提案をして、その提案が良ければ採用→執筆になります。

クライアントは個人の場合もあるし企業の場合もありますが、相手が誰であれランサーは「仕事」として請け負っています。

仕事なので、しっかり応えるのはもちろんですが、相手が希望する以上の品質で納品するべきだとぼくは考えています。

ブログのようになんでも自由に書いていいわけではないですし、言葉遣いや文章の読みやすさ・言い回しなどにもかなり気を使って書いてきました。

これを繰り返しやっていくうちに、ぼく自身の「書く意識」が変わって、おまけに文章推敲力・執筆力が身についたんですよね

気がついたら単発で10,000文字の案件に取り組んだり、毎週5,000文字の案件を納品できるまでにはなったので、一定の成果は得られたと言えそうです。

当初は相当苦労しましたけどね。

この「書く意識」をより徹底して変えるための取り組みとして、それまで毎日やっていたブログ更新を一旦止めた結果、約1ヶ月ほど更新を止めることになりました。

 

久々に書いて思った。やっぱりブログはオモシロイ!

たかだか1ヶ月ほどライティングをやっただけですが、それでも大きな収穫を得た感覚はあります。

まだまだなところはありますが、やっていることがすべて身になっているのでこの先も続けていきますし、もっと取り組みたいと考えています。

そして、久々にこうしてブログを書いてみてわかったことがあります。

自分の思うように自由に書ける喜びと、より多くの人に読んでもらえるブログはやっぱりオモシロイです!

というわけで、これからもぼくはライティング案件で真剣に修行しながら、その成果をブログに反映させていきます!

 

【スポンサーリンク】

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。