「暗黙のルール」に悩むブラック企業にお勤めのみなさん、いまが転職どきですよ!

【スポンサーリンク】

未だにこういうものがたくさんあって腹が立つんですよね。

明確になっていないものを押し付ける文化なんて、消えちゃえばいいのに。

 

明確化できないから「暗黙のルール」

まわりのみんながそうやっているから、それになんとなく合わせていることってありませんか?

または、どなたかがご丁寧に「みんなこうやっているんだから合わておいたほうがいいよ」という、まったく嬉しくないアドバイスをもらったりすることなんて、ありませんか?

そういう暗黙のルールと呼ばれるものが、世の中にはたくさんあります。これ、とても迷惑ですよね。規則やマニュアルなどのどこにも書かれておらず、そのくせ異常なまでに根強く張りめぐらされていたりします。

明確にできないからこそ暗黙のルール・暗黙の了解というあやふやな存在です。それを多くの人が「うちはこうだから」なんて言い続けて、どんどん伝染していくので、なかなか怖い一面も合わせ持っています。

ぼくの知っている会社でも、暗黙のルールがたくさんあって、それに悩まされている方がいます。そこの暗黙のルールは、例えば始業は9時なのに、朝8時半前に来なければいけない、とか。

例えば、上司に伝えずに取引先と担当者同士で飲みに出かけると、たかっていると思われたり、イメージダウンになるんだそうです。えー…なにそれ?っていう感じですね。

古い人間のいうことは理にかなっていないどころか、「管理」という名のもとになんでも自分たちの思い通りにならないと気が済まないんでしょうか。

この話を聞くたびに、何のためにそこにいるの?何か得することでもあるの?と聞くようにしています。どうしてもそこにいたい理由があるのなら止めませんが、理由がないなら転職した方がよっぽど幸せだと思うんですよね。だから、遠慮なく伝えるようにしています。

 

【スポンサーリンク】

自分の人生にプラスにならないならさっさと転職しましょう

ぼくはかつて所属した会社でそこそこひどい目にあってきたので、その経験からはっきりと決めていることがあります。その会社にいても、自分にとってプラスにならないと思った時点で、さっさとそこから離れる・転職するべきです。

会社なんて、仕事の仕方のひとつでしかありません。そんなものにこだわり続ける必要はありませんよ。

それ以上に、誰のものでもない自分自身の人生なのですから、それを他人の思うように使われてはたまりません。誰かの時間のために自分が犠牲になるなんて、おかしいと思いませんか?

ぼくはそう思っているので、つらいつらいと毎日泣くくらいなら辞めちゃえばいいし、どんどん転職していいと考えています。

今の時代になっても、体育会系的なやり方や精神論を持ち込んですべてにあてはめるようでは、その会社は先が無いとですから。さっさと離れてしまいましょう。遠慮する必要なんてないですから。

明るい未来に向かって進みましょう!

転職をお考えの方に、オススメの転職サイトを掲載しておきます。