まるでMac…!iPad Pro 10.5インチ+iOS11の組み合わせが理想的すぎるから買いだ!

【スポンサーリンク】

WWDC2017で新製品がたくさん発表されました!

日本時間2017年6月6日2時から始まった「WWDC2017」。

新製品・新サービスがガンガン発表されました。

  • iMac(アップデート)
  • iMac Pro(新製品)
  • MacBook Pro(CPUがKaby Lake化)
  • iPad Pro 10.5インチ(新製品)
  • HomePod(まったく新しいスピーカー)
  • macOS High Sierra(メジャーアップデート)
  • iOS11(メジャーアップデート)

この中でいちばん感動したのは、「iPad Pro 10.5インチ + iOS11」を組み合わせたときの使い勝手の新体験です。

 

【スポンサーリンク】

iPad + iOS11の組み合わせがまるでMac!

iOS11で導入される新機能の中で、iPadだけが対応している機能があります。

  • Macのような「Dock」が表示できる。
  • ドラッグアンドドロップが使える。

「Dock」にはビックリしました。もはやほとんどMacです。

ドラッグアンドドロップもかなり便利そうですね。アプリ間でドラッグアンドドロップできるとのことなので、これは重宝しますね。

今回のアップデートで、iPadがよりMacに近づいたような、そんなイメージを感じました。

もちろんiOSなのでMacタブレットというわけではありませんが、ぼくにとってはより理想的なデバイスに進化する感じです。

このまま進化を続けていったら、いつかMacからiPadに完全に移行できる日が来るかもしれませんね。

 

【スポンサーリンク】

iOS11化したiPad Pro 10.5インチが熱い!これは買いだ!

今回の新製品の中でいちばん熱いと思ったのが「iPad Pro 10.5インチ」です。

従来の9.7インチ版とそう変わらないサイズで、でもディスプレイは10.5インチになっています。

しかも「Pro」なので、できることが通常のiPadよりも多いんですよね。「ApplePencil」で絵も描けるし、スピーカーは良いし、ディスプレイはよりキレイだし、そもそも性能が高いし、文句なしですね。

これだったら、いま使っているiPad mini4を手放して、新しいiPad Pro 10.5インチに乗り換えたいな…と思いました。iPad miniシリーズには廃番(ディスコン)のウワサがあるので、早いうちに手放してしまうかな…と考えていたところだったので、これはかなり魅力的です。

価格は、まぁこんなものかなという値段がつきました。

Wi-Fi Wi-Fi+Cellular
64GB 69,800円 84,800円
256GB 80,800円 95,800円
512GB 102,800円 117,800円

さすがに512GBは高いですね。でもこんなに容量は必要ないので、ぼくが買うならWi-Fi+Cellular 64GBです。

いつもの4色展開(シルバー・ゴールド・ローズゴールド・スペースグレイ)なので、シルバーにするかな。

すでに予約が始まっていて、来週から販売開始のようですので、購入希望の方は早めに注文しておいたほうが良さそうですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。