クレジットカード決済「AirPAY」は低コスト導入可能。顧客の選択肢をかんたんに増やせるよ!

【スポンサーリンク】

日本は現金決済が主流です。

アメリカはカード決済、中国はスマホ決済が主流と言われていますが、日本にいる限り現金さえ持っていれば困ることはありません。

そんな日本の事情からか、クレジットカード決済は思っているほど普及していません。ぼくの感覚になりますが、飲食店でカード決済ができないところがいまだに多すぎます。支払い方法が現金だけだとツラいな…と思うときが結構あるんですよね。

で、カード決済をいまだに導入していない理由になっていると思うのが、カード決済システムの導入費用が高いからだと思うんですよね。

でももしそこが理由だとしたら、いまはもっと安くて手軽な方法があるんですよ。そのうちのひとつ「AirPAY」は低コストで導入できるのでオススメですよ!

 

クレジットカード決済「AirPAY」なら低コスト導入できるよ。

AirPAYとは

AirPAY」は、リクルートライフスタイルが提供している、スマートデバイスを用いたクレジットカード決済サービスです。

(引用:AirPAY公式サイトより)

専用カードリーダーとiPhone・iPadを用意すれば、クレジットカード・電子マネー・ApplePayなどの決済方法をお客様に提供することができます。

 

特徴

AirPAY」は、従来のクレジットカード決済サービスにはない特徴を備えています。

  • 導入がかんたん・コストが安い
  • 月額料金などは一切ない(初期のカードリーダー導入費用のみ)
  • 手数料は全ての加盟店一律で業界最安水準(Visa・MasterCardR・American Express は3.24%、JCB・Diners Club・Discoverは3.74%、交通系電子マネーは3.24%)
  • クレジットカードと電子マネーがスマートデバイスと決済端末1台で決済できる
  • 売上金の入金が最大月6回、振込手数料も無料

導入にかかるコストは、カードリーダーの代金(19,800円)だけです。厳密にはこの他にiPhone・iPadが必要ですが、なんだったらいまお使いのiPhone・iPadをそのまま使えますので、このためだけに用意する必要はありません。

上記のとおり手数料が安くて、売上金の入金が最大月6回あって、振込手数料も無料という点も見逃せません。

注意点としては、電子マネーでの支払いを導入される場合はWi-Fiが必要なのと、別途レシートプリンターが必要になりますので、先に購入しておきましょう。

 

どんな人に向いてるの?

AirPAY」は、いま現在商売を行っていて、対面での決済が発生するすべての方にオススメできるシステムです。

飲食店・小売店はもちろん、イベントなどでの一時的な利用や移動販売など、カードリーダーが小型・軽量である点を活かして、どこでもカード決済を導入することができます。

決済手数料が安いので、すでに既存のカード決済システムを導入している店舗でも、そちらは使わずに「AirPAY」に切り替えてしまうのも手です。

いま現在カード決済手段を導入していない店舗では、最初から「AirPAY」を導入すればいいですよね。初期導入費用をぐっと抑えられる上に、しかも月額固定費などもかからないので負担になりません。手軽にクレジットカード決済を導入できて、お客様の利便性をアップできます。

 

どう使うの?

とてもかんたんです。

  1. 先にiPhone・iPadに専用アプリ「Airペイ」をダウンロードしておきます。
  2. カード決済の必要が出たらアプリを立ち上げて、決済金額を入力します。
  3. カードリーダーで決済します。
  4. レシートをメール送信またはプリンターで印刷します。

以上、たったこれだけです。

【3】の決済では、クレジットカードの暗証番号入力または手書きサイン、電子マネー・ApplePayでピッとワンタッチして決済できます。

先ほども挙げたとおり、電子マネーの場合は専用プリンターでレシート発行が必要になります。

どう見てもすごーくかんたんではないですか?

 

【スポンサーリンク】

ぜひ使いたい!どうすればいいの?

AirPAY」公式サイトから申し込みをしましょう。

店舗決済システムAirPAY公式サイト

登録・申請方法はシンプルです。

  1. 申込画面から申し込む。
  2. 審査がとおったら初期設定をする(「Airペイ」アプリ、カードリーダー)※必要に応じて専用プリンターも購入する。
  3. 利用開始。

【1】の申し込みについては、申し込み画面で店舗情報・口座情報・法人の場合は法人情報を入力しますが、加えて審査に必要な書類の提出が必要になります。

詳しい内容につきましては、「AirPAY」公式サイトに記載されていますので、ご確認ください。

審査に必要な書類について|AirPAY

 

【スポンサーリンク】

顧客の支払い選択肢を増やせて、手数料は安くなるのでWin-Winになれる!

カード決済を導入するのメリットって大きいと思うんですよね。

アメリカの方はそれがあたりまえの文化なので、特にカードで支払いできるかどうかについては敏感になっているはずです。

つまり、インバウンド需要を取り込もうと思ったらカード決済導入は必須ではないでしょうか。

日本人のぼくでさえカード決済ができない店舗は不便だな…と思うことがあるくらいなので、ぜひ導入しておくべきではないでしょうか。

AirPAY」なら初期費用が安い+月額料金がかからないから店舗側の負担はとても少ないですし、それでいてお客様にはカード決済手段を提供できるので、お互いにWin-Winになれますよね。

まだカード決済を提供されていない方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

※決済専用端末が実質タダになる「実質0円スタートキャンペーン」実施中!

なかなかお得な「AirPAY」ですが、いまなら太っ腹なキャンペーンをやっています。

それが「実質0円スタートキャンペーン」です。

(引用:実質0円スタートキャンペーン実施中AirPAY公式サイトより抜粋)

キャンペーンが適用される条件は以下のとおりです。

  1. 審査を通過する
  2. カードリーダーを通常通り19,800円で代引き購入する
  3. 審査通過月を含めて6ヶ月以内に「AirPAY」を使って6万円以上の決済を行う

結構ハードルが低い感じではありませんか?

たったこれだけで導入7ヶ月後の月末までにカードリーダー代金が振り込まれるとのことです。ただでさえ安くて導入がかんたんなのに、カードリーダーまでもタダになってしまうなんてお得すぎですね。

キャンペーンなのでいつまでやっているかは不明ですが、導入するならいまがチャンスです。ぜひこの機会に早めに導入しましょう!

カードも電子マネーも使えるおトクな決済サービスAirPAYを導入する。