ギターの醍醐味!コード進行の作り方を学ぶ♪〜ステップアップ☆ザ☆ギター理論編(2012)〜ドレミからはじめる音楽のしくみ〜第6回講義

こちらの記事は、ぼくが2011年末から書いていた別のブログ記事をインポートして、加筆・修正したものです。

文章・画像は当時のままに、読みやすいように今のスタイルに合わせています。

ぜひお読みください!

ステップアップ☆ザ☆ギター理論編〜ドレミからはじめる音楽のしくみ〜第6回講義(2012年3月4日公開)

2/26のステップアップ☆ザ☆ギター~理論編~第6回講義は、いよいよコード進行について学びました♪

コード進行が理解出来ると、伴奏に使うコードの流れがわかって、それが連続すると「曲」になります。

つまり、もうすぐ作曲が出来てしまいます!

そんな興奮は抑えつつ、まずは前回までの練習からスタート!

今まで、「音階」「音程」「コード」をそれぞれの回に分けて勉強してきましたが、これを連続して例題を解いていきます。

blog_import_5598fd8d5884d
  • 「音階」→音の階段、12の半音を思い出す
  • 「音程」→音と音の距離、解き方の順番を思い出す
  • 「コード」→音程が違う2つ以上の音を同時に響かせる、ルートから重なる音の間の音程を読み解く

みなさん、テキストを読み返したり、記憶を辿ったり、隣の方と答え合わせをしたりしながら、黙々と例題を解いていきます。

blog_import_5598fd9106f15

 

コード進行を学ぶ♪

一通り例題を解いたところで、いよいよ本日のテーマ「コード進行」に突入です!

ある調(Key)の音階上に3和音(トライアード)を作ると、7種類のコードを作ることが出来ます。

この7種類のコードのことを「ダイアトニックコード」と言い、これが曲を構成する中心になります。

ダイアトニックコードにはそれぞれ役割があって、その中でも3つの主役コード「スリーコード」がいます。

  • T」(トニック)→その調の名前にもなる1つ目のコード。曲の最初と終わりになることが多い
  • D」(ドミナント)→音階の5番目に出て来るコード。不安定・緊張感のある響き。4和音にしてセブンスコードにすることが多い。進行の要
  • S」(サブドミナント)→音階の4番目のコード。「T」や「D」のコード進行に変化をもたらす

スリーコード以外のコードは、対応するスリーコードの代理が出来ます。

余談ですが、よくロックとかで「スリーコードの曲」というのを耳にしますが、あれは単に3つのコードで出来ているのではなくて、「T」「D」「S」で出来ている曲ということ、というマメ知識も教えて頂きました!

このスリーコードをつなげていくと、曲が出来ます。

つなぐ順番は決まっていて、その通りに進んでいきます。

blog_import_5598fd93bdc27

コード進行の上にメロディーを付けると「曲」になります。

メロディーは、その音階の中で使える音から選びます。

堀井先生と、アシスタントの渡邉さんが実演して下さいました。

blog_import_5598fd967a769

 

いよいよ作曲目前まできました!

たった6回の講義で、いよいよ曲が作れるところまできました!

次回は最終回になりますが、今回のワークショップの目標である作曲に挑戦です!

 

吉野町市民プラザのスタッフさんが書かれているブログ「学級日誌」でも、第6回講義の感想が書かれています。

ぜひ併せてお読み下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました♪