Mac?Windows?どっちがいいかではなく「いま使いやすい方」を選べばいいじゃない

MacとWindows、どっちが使いやすいか?と聞かれることがあります。

これなかなか難しい質問ですが、正直どっちでも良いとぼくは思っています。

結局、その人が使いやすければそれでいいわけですし。

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_ma

どっちも同じようなことはできる

つい最近もそんな話を持ちかけられてたので、しばらく話を聞いてみました。

その方はMacダメ!Windows最高!なご意見を持っていましたので、話の方向性はなんとなく見えていましたが、詳しく聞いてみると意外な答えが返ってきました。

「Macは全然ダメ、使いづらい!」

「Macはフォルダ管理できないでしょ?Windowsはそれが当たり前にできて、管理好きなわたしとしてはそれが出来ないとイヤだ」

ひとつめのご意見はさておき、ふたつめのご意見はなるほど!と思いましたが、この方はMacかWindowsかではなく、パソコン内に保存するファイルをフォルダ分けして徹底管理したかったようです。

ちなみに、Macもフォルダは作れるよと教えたところ、へぇ…と一言で話は終わってしまいました。

 

別にどちらを使ってもいいわけですし、こっちがいい!というのがあればそれでいいのですが、正直今はもうどちらも同じようなことができますよね。

どっちかでしかできない、それでなければダメ!ということって、ものすごく少ないのではないでしょうか。

パソコンに限らずスマホもそうですけれど、Mac/Windows、iOS/Android、それぞれがどんどん進化していく中で、できることはどちらもほぼ同じ。

それなら、自分が使いやすいと思う方を選べば良いわけです。

 

ひとつ言えることとしては、どっちがいいか検討するなら、ぜひ食わず嫌いせず家電量販店などで試してみて、その上で比較検討したほうがいいですよね。

語るならばなおさらですけれど。

いま使いやすいものを選ぶ

Mac/Windowsはどちらも同じようなことができるとはいえ、そもそも作りの違うOSですので、当然使い勝手は違います。

ですが、OSはどちらも進化し続けていますので、それだって永遠にそのままというわけではないでしょう。

だから、ぼくはその時々でいま使いやすいと思うものを使い続けることはとても大事なことだと思っています。

クラウドサービスが使いやすい方、音楽制作がしやすい方、映像処理がやりやすい方、ブログが書きやすい方などなど、理由は様々だと思いますが、自分にとって必要な作業がやりやすい方に合わせて道具を選ぶことは大事です。

もしいま使っているものが合わないとしたら、いますぐに変えましょう。

わざわざ使いづらいものを使い続けるなんて、生産性が悪すぎます

効率よく、ストレスなく、作業が捗る道具・ツールには投資するべきです。

 

そんなぼくは、ずっとMacユーザーです。

Windowsは以前使っていましたが、いまは会社で仕方なく使う程度です。

つまりぼくはMacにSwitchしたユーザーなのですが、きっかけはギターの先生からオススメを頂いたことと、BootCampが決め手でした。

当時、自分のパソコンを持って仕事していたせいでWindowsが手放せない状況でしたが、でもMacに乗り換えたい…と思っていたら、MacのBootCampを使えばWindowsもインストールできると教えて頂き即決。

それ以来、Macユーザーになりました。

乗り換えてみて、文字がとてもきれいなこと、余計なシステム内部情報に触れずに済むことなど、そのシンプルな作りが好きになって、ずっと使い続けています。

ほんと、快適でいいですよ。

 

でも、会社の仕事はWindowsでいいです。

そっちの方が効率的ですし。

いまのところMacは使い勝手がいいと思っていますが、間もなく登場するWindows10が出たらどうなるか…これは楽しみです♪

 

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_ma