ぼくの2017年1発目の華麗なる転身。Zenfone3 Laserを注文しました。

【スポンサーリンク】

ついに注文しちゃいました。

というわけで、Zenfone3 Laserを買いました。

すでにオーダー済みなので到着待ちです。純正カバー「View Flip Cover」も合わせて購入したので、総額33,242円になりました。安っ!

なんと、当初想定していたZenfone3ではなく、Zenfone3 Laserを買ったんですよ。

自分でもビックリしてます。

 

【スポンサーリンク】

なぜZenfone3 Laser?

すっごくいろいろ考えた結果、Zenfone3 Laserを買うことにしました。

「Zenfone3」と派生バージョン「Zenfone3 Laser」どっちがオススメ?

2017.01.12

Zenfone3はやはり価格がネックでした。どうがんばっても39,800円はもはや格安スマホではないですよね。

安く買おうと思ったら「並行輸入品」を買う方法もあるのですが、国内サポートが期待できないという点でちょっと買いづらかったというのが本音です。まぁ、ASUSのサポートはあまりよくないとの評判が聞こえていますけどね…。

総合して考えると、やはりAppleはスゴいんだなぁと感じます。

どなたかがお話されていましたが、「 長く使うモノだからこそサポートまで考えて選ぶ 」というのはほんとうに大切なことですね。うーん、次はiPhoneに戻すかな…。

 

【スポンサーリンク】

Zenfone3を使った個人的な検証実験はやめました。

Zenfone3を買ったら個人的に「DSDS」を使った実験をしてみたかったんですよね。

Zenfone3を購入するなら、Y!mobile通話SIM+LINEモバイルの組み合わせを試したい。

2017.01.08

通話用・データ通信用のSIMをそれぞれ用意して、それをZenfone3に集約して使うことができるこの機能。実験する前のこの段階から実現できること自体はわかっているんですよ。

それでもやってみたいと思っていたのは、「それが快適に使えるのか?」「維持費的にはどうか?」を実体験したいのと、あとはただぼくの好奇心からでした。

でもやめます。面倒なので。

主回線を大手キャリアに戻すのは最高に抵抗があったから、というのも理由の一つですけどね。

ほかにやりたいことがたくさんあるので、ぼくは携帯を1契約のまま使い続けることにしました。

 

最新スマホをガシガシ使い倒します!

ついにというべきか、ようやくというべきか、なんにしても楽しみなわけです。

ひとまず、ぼくはZenfone3 Laserをガシガシ使ってみます。

Zenfone2からどれくらい進化しているのか、なにがどう変わったのか、そんなところを比較しながら使ってみたいですね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。