Zenfone3を購入するなら、Y!mobile通話SIM+LINEモバイルの組み合わせを試したい。

【スポンサーリンク】

Zenfone 3 への移行を画策中です。

Zenfone2を長いこと使っているので、そろそろ違う機種を使ってみたいな…と考えるようになりました。

ぼくにとってZenfoneシリーズは大好きなスマホなので、いろいろ検討はしてみましたが、次もZenfoneシリーズがいいなぁと考えています。

Zenfone 2が良かったので、Zenfone 3へ移行しようか検討しています。

2017.01.07

せっかくZenfone3を選ぶのであれば、この機種から日本国内で使えるようになった「DSDS」を試してみたいんですよね。

 

【スポンサーリンク】

DSDSってなんだ?

「DSDS」は「Dual SIM, Dual Standby」(デュアルシム、デュアルスタンバイ)の略です。

2枚のSIMを入れることができて、2枚とも同時に待受が可能 」という意味です。同時使用することはできませんが、そこまで行かずとも同時待ち受けができる時点でスゴいですよね。

iPhoneシリーズや多くのAndroidスマホが、通常1枚のSIMのみが挿せる仕様になっていますが、Zenfone3では2枚同時に挿せて、2枚とも待受することができます。

これのなにがスゴいのか?という話ですが、例えば「 プライベート用電話番号を持ったSIM + 仕事用電話番号を持ったSIM = Zenfone3に集約して使う 」なんてことができます。

普通だったらプライベート用・仕事用それぞれにスマホ・携帯電話が必要になりますが、Zenfone3ならば両方のSIMを挿して1台に集約して使うことができます。

持ち物が減るだけでなく、スマホ自体の管理もラクになりますよね。すべての着信が1台に集まるメリットは、2台使っている人ならばご理解いただけるところではないでしょうか。

 

【スポンサーリンク】

DSDSを使ってY!mobile通話SIM+LINEモバイルデータSIMの組み合わせを試してみたい

で、ぼくがいま考えているのがこちら。

Y!mobileの通話SIM(ケータイプラン)+LINEモバイルのデータSIMを組み合わせて運用する方法です。

いままでZenfone2にIIJmio(みおふぉん)の通話SIMを入れていました。1契約でデータ通信+通話をするごく普通のスタイルですね。

それを通話は通話・通信は通信という具合に、2契約にして分業させようという試みです。

  • Y!mobileの通話SIM(ケータイプラン) → 通話専用(もともと持っている電話番号をMNP、家族割引に入れる)
  • LINEモバイルのデータSIM → データ通信専用(コミュニケーションフリープラン、3GBまたは5GBで契約する)

家族がY!mobileを使っているので、家族割引に入れてもらえばかなり安く維持できそうです。こちらは「スマホプラン」ではなく「ケータイプラン」での契約を考えています。Y!mobile同士の通話が24時間無料になるので、家族がこちらを使っていることを考えればメリットが大きいですね。

これに加えて、データ通信用にLINEモバイル・データSIMを契約しようと考えています。4大SNSアプリ(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)の通信がデータ消費ゼロ(高速通信のまま使い放題)になるので、仮に契約するデータ容量が少なくてもコミュニケーションについては心配なく使うことができます。

現時点で、この2つを組み合わせるのは最強なんじゃないか?と思うんですよね。Y!mobileのほうは残念ながら3年縛りが付いてしまうので、そこをどう考えるか?がポイントになりそうです。

Y!mobileオンラインストアはこちら

LINEモバイル公式サイトへ

 

最新技術は使ってみなければわからない。ならば使い倒すのみ!

きっと今後もiPhoneには搭載されないであろうSIM2枚挿しができる「DSDS」ですが、ここ最近のAndroidスマホには搭載されつつあるんですよね。

海外へ旅行する方や、プライベート・ビジネスと携帯を使い分けている方など、2枚挿せる恩恵を受けられる人が多いので、人気になりつつあります。

こういう最新機能は使ってみて初めて分かるところが多いので、新しいもの好きとしては積極的に使っておきたいです。使って慣れてしまえばこっちのものです。

2つを1つにまとめられるメリットはとても大きいと思うので、Zenfone3を入手したら試してみます。

 

Y!mobileにはしませんでしたが、格安SIMを「LINEモバイル」に乗り換えて1ヶ月以上使ってみました。これは誰にでもオススメできる「最強格安SIM」です。

ヘビーユーザーこそLINEモバイルに乗り換えたほうがいい4つの理由。

2017.03.03