さらば愛機!Zenfone2を「ソフマップドットコム買取」に出しました。

【スポンサーリンク】

Zenfone2を手離しました。

いよいよこの時がやってきてしまいました。

ぼくがiPhone6から乗り換えた、格安スマホの名機・Zenfone2を手離します。

いろんな思い出が詰まったこのスマホを手放すのはなんとなく惜しいのですが、使わなくなったのであれば手元に残しておく必要がありません。

デバイスを複数持っていても意味がありませんので、思い切って断舎離することにしました。

 

【スポンサーリンク】

ソフマップドットコム買取で売却しました。

ITデバイスの買取は、ぼくが毎回使用している「ソフマップドットコム買取」に依頼しました。

ぼくがこちらを信頼して使っているのは、以前はAppleが買取先として連携・指定していた経緯を知っているからです。

いまでこそAppleは自社で買取をするようになりましたが、以前はソフマップと連携していたんですよね。そのころから利用していたので、ぼくはいまでもITデバイス系の買取をすべてソフマップドットコム買取に依頼することにしています。

というわけで、今回もこちらでお世話になることにしました。

ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

 

【スポンサーリンク】

買取はかんたん。本体をなるべくキレイにしておきます!

買取はかんたんです。

  1. ソフマップドットコム買取から「らくらく宅配買取(引き取りコース)」で手配。
  2. 該当機種を検索で探す。
  3. 査定金額を見て、それでよければ実際に依頼。
  4. 買取に出す機種をフォーマット・掃除などしておく。
  5. 引取日までに本人確認書類・必要書類を用意。
  6. 引取に出す。

この中で手間なのは【5】ですね。売却をするルール上、本人確認書類は必須なため、予め用意しておく必要があります。スマホを売却する場合は、指定された書類を印刷して、そちらにも記入していきます。

大事なのは【4】で、本体のキレイさは査定金額に影響する可能性があります。その査定金額がはっきりするのは、買取に出すアイテムがソフマップドットコム買取に到着してからになります。手元にあるうちにフォーマットしたり、本体を掃除したりして、とにかく徹底してキレイにしておきましょう。

 

【スポンサーリンク】

約1年9ヶ月間、Zenfone2を使ってみた感想。

ぼくはiPhoneから格安スマホ・Zenfone2に乗り換えて使ってきました。

人生ではじめてAndroidスマホを全力で使ったのですが、Androidがこれほどまでに使いやすいものだと知って、衝撃を受けました。

なにより、自由度が高くて、こちらに慣れてしまうとiPhoneですら野暮ったい感じがするんですから驚きました。

両方の良いところ・悪いところがわかったのも良かったです。

それを踏まえた上で、ぼくは今後もスマホはAndroidでいいと思っています

そう思わせてくれたのが名機・Zenfone2です。ほんとうにいい機種でした。

ああ、名残惜しや…。

ソフマップ・ドットコム 買取りサイト