どんなに理想的な会社でも、自分がやりたいことをやれなかった時点で即転職すべし。

【スポンサーリンク】

理想の会社に入れた!でも…。

はじめて就職する人や、転職活動している人が、念願かなって理想の会社に入れたらラッキーですよね!

いままでは思い描くだけばかりだった会社に入って、これから一生懸命働くところまではいいとして、さて問題です。

それで本当に幸せになれるのでしょうか?

もし、その理想の会社であなたがやりたい仕事ができなかったとしたら、それは幸せですか?

ぼくだったら、「No」と答えますよ。

 

【スポンサーリンク】

どんなに理想的な会社でも、自分がやりたいことをやれなかった時点で即転職すべし。

あなたにとって理想の会社はあるかもしれません。

実際に巡り会えた方もいるでしょう。

じゃあ、その人たちがみんな幸せになっていったかというと、きっと違うと思うんですよね。なぜなら、必ずしも「やりたかったこと」をやらせてもらえるとは限りません。

会社はあくまで仕事をする場であって、その会社の事業を推進していくためにあります。そこに賛同できたから入社したはずですが、そこから先が問題です。あなたがやりたいこと・やりたかったことはできたとしても、会社側に体制が無かったり、環境が整っていなかったりすることだって考えられます。

そういう状況に巡り合ってしまったら、即転職すべきでしょう。

やりたいことがやれるはずとか、状況さえ良ければもっと改善できるはずとか、そういう風に思ってはいけません。そんなことを考えてしまったら社畜街道まっしぐらですよ!

 

【スポンサーリンク】

自分が「やりたいこと」をやりたかったら、転職は早ければ早いほうがいい。

いまいる場所に留まってがんばるのも手ではありますが、そんなことをしている時間ってありますか?

いま現在時間があるかどうかではなくて、あなたがやりたいことをやる時間があるか?取れるか?という意味です。

もしその時間が取れないようであれば、例えどんなに理想的な会社・職場だったとしても、即転職すべきです。そして、その転職する時期は早ければ早いほうがいいです。なぜなら、転職した結果、少しでも早く「やりたいこと」をやる機会を得られるかもしれないからです。

その場に留まって必死に戦うのは立派ですが、やりたいことができない環境に魅力なんてないでしょう。会社が良い?職場が良い?なんて社畜発想なんですか。それでやりたいことができるんですか?

そんなことをやっているヒマがあったら、いますぐ転職サイトに登録して活動をはじめるべきです。その悩んでいる時間がもったいない!

Facebookアカウントがあればすぐに登録できるNexstar(ネクスタ)とか、Switch.(スイッチ)あたりは手軽でオススメですよ。ぼく個人は過去にリクナビNEXTを使って転職活動をしましたが、無料の自己分析ツールが使える点が特に良かったです。

どれも登録は無料なので、転職案件を調べるだけでも使うことはできます。さあ、いますぐはじめましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。