働き方の選択肢はたくさんある。理解しておくだけで安心して生きられるよ。

【スポンサーリンク】

働き方の選択肢はたくさんある。

いま選べる「働き方」って、いったいどれくらいあるのでしょうか?

ひと昔前は「会社に務める」か「家業を継ぐ」のが王道でしたが、時代が進むに連れて選択肢が増えてきました。

例えばこんな感じです。

他にも選択肢はありますが、会社勤めでなくても稼ぐことはできるんですよね。

もちろん会社勤めも立派な働き方のひとつですが、それ以外にも働き方があることしっかり理解しておくだけで、会社勤めの良さがまた見えてきます。

 

【スポンサーリンク】

いろんな働き方があること理解しておくだけで安心して生きられる。

会社勤めは立派な働き方のひとつですし、多くの人が選ぶ働き方ですよね。

だから「王道」と言われますし、これ以外の選択肢が「未知の世界」みたいな扱いになります。存在自体は理解されていますが、実際のところ「ほんとうにそんな働き方で生きられるの?」という感じで捉えられているのが会社勤め以外の働き方なんですよね。

実際、全員がその他の働き方を選ぶわけではありません。今後も選択肢が増えたとしても、そちらを選ぶ人は少ないままでしょう。でも、それでいいんですよ。いちばん大事なのは、そういう働き方があって、実際にそれで生きている人がいるということを知っておくことなのですから。

具体的に、その世界ではどんな人がいるのか?どうやって生きているのか?を知っておくといいですよね。例えば、プロブロガーといえばイケダハヤトさんとか、YouTuberといえばヒカキンさんとか、ライターといえば吉見夏実さんとか。

その世界で活躍している人の活動を見れば、会社でなくても生きていけることはよくわかるはずです。同じようになるためには相当な努力が必要ですが、そこも含めて生きる方法があることを理解しておけば、万が一会社をドロップアウトすることがあっても「なんとかなる」と思えます。

そう思えるだけでも十分ですが、もしかしたらその中から自分にもできそうな・やれそうなことが見つかるかもしれません。そうしたら、より安心できますよね。

 

【スポンサーリンク】

どうやっても生きられる。だから自分にあった働き方を選ぼう。

極論かもしれませんが、どうやっても生きていくことはできます。

「会社勤め」や「フリーランス」というのは働き方の選択肢であって、どちらでもしっかり努力して積み上げていけば、生きていくことはできますよね。

ぼく自身は会社勤め以外の感覚を得ておくことがこれからの時代では大事だと考えていますが、そのためだけにわざわざ会社を辞めてまで試さなくてもいいとは思っています。

それだったら、いまの仕事はしっかりやりつつ、副業などで小さくはじめて経験を積むほうがよっぽど安全ですし、なおかつ経験値を増やすことができてお得です。

もちろん、副業自体を認めていない会社が多いので、その場合は考えものですね。働き方を選ぶという中には、もちろん転職も含まれます。転職サイトはほとんどのところが登録無料なので、使う・使わないに限らず、情報を得るために前もって登録しておくのは手ですよね。

転職大手のリクナビNEXTや、第2新卒専門の【ウズウズキャリアセンター】あたりに登録しておいて、いつでも良い企業へ転職できるようにしておくのがベストですね。Facebookアカウントを活用した「Switch.」「Nexstar」も登録が無料&かんたんなのでオススメです。

どんな働き方を選ぼうが、あなた自身が満足できることがいちばん大事です。ぜひ自分にあった働き方を選んで、楽しく生きていきたいですよね!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。