まだ値引き競争してるの?そんなことやっても良い仕事は取れないよ。

【スポンサーリンク】

まだ値引き競争してるの?

値引きって、される方からするとうれしいですけれど、する方から見ればなかなかツラい戦略のひとつですよね。

結構かんたんにやり取りされる話だったりしますが、お客さんが「安い方から買う」なんていうものだから、みんな一生懸命値引きしちゃって、結局お客さんしか得しない…なんていう状況が過去にはたくさんありました。

「売り手・買い手は対等」だなんて、夢のまた夢ですね。

こんな不毛なことをずっとやっているから、いつまでたっても良い仕事は取れないんですよ。

 

【スポンサーリンク】

値引きで取れる仕事は「良い仕事」とは言えない

買い手からすれば、値引きしてもらえるのは嬉しいですよね。少しでも安く買えて、それを高く売ることができたら、その差額はそのまんま利益になりますし。

一方、売り手からすれば、想定していた価格で売れなければ、その分は薄利になってしまいます。薄利になると当然会社が儲からなくなるので、回り回ってそれは自分の給料やボーナスに響いてきます。

値引きをしたことで、もしかしたら大量に売れるかもしれません。でも、それは麻薬みたいなもので、薄利のままなら儲けもわずかなままです。いろんな工程を考えたら、ヘタしたら最終的には赤字になる可能性だってあります。

「安くしてくれたら買うよ」という交渉を持ちかけられたときに、慎重に判断しないとあとでものすごく痛い目にあうかもしれません。

痛い目にあってからでは、取り返しがつきませんよね。

 

【スポンサーリンク】

価格以外の価値を提供してこそ仕事でしょ

「安くしたら買う」とか、「安いものしか買わない」と言われて、それに付き合って安く売ったとしても、いい稼ぎにはなりません。

そもそも安くすれば売れる時代は終わっているんですよ。安いものにはそれなりの理由があることを、もうみんな理解しているんですから。

それをわかった上で、安いものでもよければ、それ相応の安いものを買えばいいだけの話です。しっかりしたものが欲しければ、それ相応の価格で買うしかありません。

じゃあ、価格で勝負しないのだとしたらどこで勝負するのか?

答えは超カンタン!「付加価値や自社サービスのメリットがどれほどあるか」が勝負どころです。

製品そのものに付加価値があればわかりやすいですが、それ自体がどこでも売られているものだとしたらそれも差別化が難しいです。より差別化できるポイントがあるとしたら、それは自社サービスの良し悪しになります。

自分たちのサービスのメリットが良いものであれば、その点を訴求していけばただの物売りにならずに済みますからね。そういう商売をしていかないと、他社との競争に負けてしまいます。

そうならないように、普段からの情報収集+自社サービス開発をやっていけば、とりあえずはそのまま走っていけそうです。

それでも未来永劫安泰!ということはないので、それでも気を緩めたらすぐに衰退するので、そこはご用心。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。