おすすめタブレットはどれ?ヘビーユーザーのぼくが選ぶ「鉄板な4枚」と「厳選の1枚」はこれだ!

【スポンサーリンク】

ぼくは普段からiPad mini4を常に携帯して使っています

手に入れたときからスマホの利用スタイルを変えた結果、SNSの読み書きやマンガ・雑誌を読むのに使っていて、スマホよりも使用時間が長くなっています。

1年半近く利用してきて、これほど手に馴染むデバイスはなかなかないのではないか?とさえ思っています。

そんなぼくは、日頃からタブレットについての質問をよく頂いています。

  • オススメのタブレットはなに?
  • タブレットを買いたい。どれを選べばいいの?
  • タブレットってそんなに便利なの?

みなさん、タブレットに興味をお持ちなんですね。愛用者からすると嬉しいかぎりです。

それならば、タブレットヘビーユーザーのぼくから見て「これ!」という製品をピックアップしてみます!

 

iPad mini 4使いのぼくが選ぶ「鉄板」な4枚はこれだ!

ぼくがオススメするタブレットを4つ選んでみます。

  1. なにはともあれやっぱり「iPad mini 4」
  2. 本格的にタブレット運用したいなら「iPad Pro」
  3. 手軽に手に入れられてしっかり使える「Fire HD 8 タブレット」
  4. 電子書籍リーダーとして使いたいのなら「Kindle Paperwhite」

 

1,なにはともあれやっぱり「iPad mini 4」

やはりこれは外せません。

携帯性の良さ+使い勝手の良さを考えたら、iPad mini 4はいちばんです

手が大きい方なら片手で持つこともできるでしょう。ぼくにはちょっときびしいですね。

東京の通勤電車に乗っているときでも、このサイズの取り回しがいいのはぼく自身が経験済みです。

ただし、すでにiPhone 7 Plusなどの大型スマホを使っている人には、画面サイズが近いこのサイズはオススメしにくいです。

同じ理由なのかわかりませんが、最近ではシリーズ廃番(ディスコン)のウワサが出てきています。iPhone Plusシリーズが売れているため、iPad miniシリーズは不要と見られているのでしょうか。行く末が心配です。

 

2,本格的にタブレット運用したいなら「iPad Pro」

タブレットをしっかり使いこなすんだ!という方にオススメなのが「iPad Pro」です。

もともとあったiPadのサイズ(9.7インチ)と、大画面サイズ(12.9インチ)の2つがラインアップされています。

どちらも使い勝手は良さそうですが、ぼくは9.7インチの方がいいかな…と思っています。理由はやっぱり「大きさ」ですね。あまりに大きすぎるのは携帯性が悪いので、持ち運ぶ感じにはなりにくいかな…と思っています。

ただし、音楽家の方などで楽譜を表示するのにはとても良さそうですし、絵を描く方にもオススメです。使い方によって12.9インチは最良の選択肢になります。ぼくも一時はiPad Proだけですべてをこなしたいと考えていました。

とても良い製品なのですが、お値段は相応の高さなので、よく考えて購入する必要がありそうです。

また、ウワサではありますが、iPad Proシリーズに10.5インチ版が登場するとの情報がたくさん流れています。いままでの傾向を考えると、これほどウワサが多い場合は登場する可能性が高いと見られますので、そうなれば選択肢がひとつ増えそうですね。

 

3,手軽に手に入れられてしっかり使える「Fire HD 8 タブレット」

いま現在イチオシしているのが「Fire HD 8 タブレット」です。

ここ最近、ぼくにタブレット選びの質問を頂いたほとんどの方に、こちらの製品を進めています。

これはAmazonが作った製品ですが、Amazonの各サービスとの連携が非常に良い点が特徴です。

お値段がとても安いところもオススメしやすいポイントになっています。通常12,900円で販売されていますが、ときどきやっているキャンペーンなどを利用すると、10,000円を下回った価格で購入することも可能です。

iPadなどと比べたらアプリも少ないし、メーカーの違いからくる使い勝手も変わってはきますが、それでもこの価格でこの品質は「素晴らしい!」の一言に尽きます。

「そんなに使わないけれど、でもタブレットは欲しいんだよな…」という方から、「積極的にタブレットを使いたいけれど、あまりお金をかけたくない」という方まで、どちらの方にもオススメできる逸品です。

 

4,電子書籍リーダーとして使いたいのなら「Kindle Paperwhite」

ちょっと番外編的なところではありますが、こちらもオススメです。

電子書籍リーダーとしていちばん有名なデバイスです。

厳密に言うとタブレットとはちょっと違いますが、もし想定している用途が「電子書籍を読みたい」「電子書籍が読めればいい」というのであれば、こちらが最適です。

文字が読みやすい特殊なディスプレイのおかげで、目が疲れることなく文字を読むことができます。ぼくは初めて画面を見たとき「これ紙じゃないの?」と見間違えました。残念ながらカラー表示はできないので、もっぱら白黒・グレースケールでの表示になります。

ときどきやっているキャンペーン等を利用すると安く手に入る可能性がありますので、狙って買うのが良さそうです。

本棚を持ち歩く感覚。本を読むのに「Kindle Paperwhite」以上のデバイスはない。

2017.04.13

 

【スポンサーリンク】

「厳選」の1枚!「1個だけ選べ」と言われたら迷わず「Fire HD 8 タブレット」を推す!

「4つともいいのはわかったよ。でも買うのは普通1つだろ?1つ選べよ!」という質問をぼくがもらったとしたら、迷わず「Fire HD 8 タブレット」をオススメします。

iPadじゃないのか!と言われそうですが、そのiPadでは絶対に実現できないであろう「安さ」は大きな魅力です。それでいて「なかなか高性能」で、「アプリは少ないけど“使える”」タブレットだから選びました。Amazonのサービスと連携しているところもいいですよね。

電子書籍「kindle」も8インチの画面で読めるので、もしかするとkindle Paperwhiteで読むよりも効率がいいかもしれません。

ぼくは下位機種を持っているので買うのを躊躇していますが、もしいま手元にあるiPad mini 4が急に壊れて途方に暮れるとしたら、とりあえずこの「Fire HD 8 タブレット」を買ってしのぎます。

 

【スポンサーリンク】

タブレットはオモシロイ!

スマホ全盛期のいま、「タブレットってなにに使うの?」と考えている方は多いのではないでしょうか。

実際、ぼくのまわりでタブレットを持っている人は数人しかいません。

使えばわかるのですが、スマホでは得られない大画面ならではの使い勝手・迫力の違いや、一度に表示できる情報量の多さは、タブレットにしかない魅力です。特に大勢でひとつの情報を共有する際には、1枚板であるタブレットはとても使い勝手が良いです。

また専門書や楽譜などを予め収納しておいて、それを大画面に随時引っ張り出せるというのは大変な魅力なんですよね。スマホでもできなくはありませんが、情報の多さから考えたらタブレットのほうが圧倒的に有利です。

いま購入を考えている方、興味を持った方は、ぜひ1枚手にとってみてはいかがでしょうか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。