まだメールを使ってるの?メールがダメな3つの理由。全部LINEでいいよね。

【スポンサーリンク】

LINEが便利すぎる。

日本国内で使っていない人を探すほうが大変なスマホアプリ「LINE」。

ぼくも数年前に使いはじめてから、コミュニケーションの手段がすべてこちらに移行してしまいました。

すでに連絡先を知っている友人たちとの連絡にはSMS・メールは一切使わなくなり、そのすべてがLINE化しています。

実際、LINEのUI・UX(インターフェイス・使い勝手)がいいので、もう他のツールを使いたくないんですよね。

まだ改善の良いなどはありそうですが、現段階でも十分優秀だとぼくは思っています。

とにかく便利!

 

【スポンサーリンク】

メールがダメな3つの理由

LINEがあまりに優秀なので、なおさら思うのが「メール終わってる」です。

ぼくがこう思っているのは、大きく3つの理由があるからです。

  • メールはコミュニケーション速度が遅すぎる。
  • 「頭出しの言葉」や「締めの言葉」がいちいちめんどう。
  • 大人数での会話には向いていない。

 

メールはコミュニケーション速度が遅すぎる。

メールはコミュニケーションのスピードが遅すぎます。

サクッとコミュニケーションしたいときや、急いでいるときの連絡には向いていません。

それなのに「急ぎです!」「至急!」などと要求されるのには腹が立ちます。

他に方法があるのに、わざわざがんばってメールしてくるとか超ナンセンス。

それ、気が付かなかったらどうするの?

 

「頭出しの言葉」や「締めの言葉」がいちいちめんどう。

メールにありがちな「頭出しの言葉」や「締めの言葉」みたいなものをいちいち書きますよね。

なんであんなめんどうなことをやっているのでしょうか。

会社員に成り立ての頃に「メールの礼儀」なんていうものを学ばされますが、これ自体がものすごくナンセンスだとぼくは思うんですよね。

礼儀を尽くせって…相手は神ですか?

 

大人数の会話には向いていない。

メールは大人数での会話・連絡には向いていません。

ひとりひとりアドレスを追加していって送信することはできますが、とんでもなく手間です。

アドレスの「グループ」を作ったりする方法もありますが、やっていることは同じですよね。

これの解決策として「メーリングリスト」がありましたが、メールの仕組みであることには変わりないので、コミュニケーション速度が圧倒的に遅いですね。

こちらもやっぱりナンセンスです。

 

【スポンサーリンク】

メールベースの仕組みには絶滅してほしい。

LINE全盛の時代に、もはやメールをがんばってやりとりする必要はまったく感じません。

プライベートだろうが仕事だろうが、全部LINEでいいですよ。

メールはなにがしかの理由で添付ファイルを送らなければならないときだけでOK。それだってDropboxのファイル共有で済むはずなので、本来はそれすらも不要です。

「LINEを仕事で使うのはちょっと…」とか「プライベートと仕事でアカウントを分けたい」と思ったら、有料ですがいまは「LINE WORKS」があるので、そちらを使えばいいですよね。

ぼくは個人で仕事をしているので、プライベートはLINE、仕事系はTwitter・Facebookメッセンジャーを主に使っていますが、仕事もLINEに統一できたらほんとうはいいなぁと思っています。

LINEと同じ使い勝手で、仕事でも使えたらラクですし。

ほんと、ムダなメール書き・対応をしている時間があったら、少しでも自分の創作活動をしていたいんですよね。

早く絶滅してくれないかな〜。

 

LINEトーク・LINE通話を全力で使うために、ぼくは「LINEモバイル」に乗り換えました。2ヶ月ほど使い続けてきたので断言できます。これは誰にでもオススメできる「最強格安SIM」です。

ヘビーユーザーこそLINEモバイルに乗り換えたほうがいい4つの理由。

2017.03.03

3/31までに利用開始すれば、基本使用料が最大3ヶ月無料になるおトクなキャンペーンをやってます。急ぐべし!

[終了]LINEモバイルが基本料最大3ヶ月無料キャンペーン。お得なうちに乗り換えよう!

2017.03.30

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。