ぼくが嫌いなタイプ・ベスト3。好きでもない人には嫌われよう。

【スポンサーリンク】

嫌いな人っていますよね。

なにをやってもあわない人っていますよね。

どうしても自分とはあわない・好きになれない人は、少なからずいるものです。

が!それをはるかに上回る「嫌いな人」がごくまれにいるものです。

ぼくの場合はごくまれなのですが、彼らに共通するタイプはこんな人だな…というのがあるので、それをまとめてみました。

 

【スポンサーリンク】

ぼくが嫌いなタイプ・ベスト3。

ぼくがどうにもならない嫌いなタイプには、大きく3つあります。

どれもどうしようもない感じではありますけどね。

  • 平然と嘘をつく人(サイコパス)
  • 他人に命令ばかりしてくる人
  • アイデアがない人(考えていない人)

 

平然と嘘をつく人(サイコパス)

これはもうどうしようもなく嫌いですね。

好きになるわけがありませんが、実在するから仕方ありません。ウソをつく時点で大っ嫌いです。

慢性的に平然とウソをついて、ウソでウソを固める人とか、もうどうしようないですね。そういう精神疾患的なサイコパスが近くにいたら、すぐに離れるか縁を切ります。

 

他人に命令ばかりしてくる人

他人を自分の道具と思っている人って、一定数いるんですよね。

仕事の上下関係ならまだしも、仕事外でもあれこれと命令する人がいるからたまったものではありません。

そんなことしてなんになるの?と言いたいのですが、自分の小さな欲望を満たしたい人からすれば、少しでも上のポジションにいるというアピールをしまくりたいのでしょう。

こういう人とも距離を置くべきですね。

 

アイデアがない人(考えていない人)

アイデアがない人・想像できない人もあまり好きではありません。

先の2つに比べれば「まぁ仕方ないか」と思わなくもないですが、あまりにも考えていなさすぎると「うーん…」と思ってしまいます。

残念ながら、そういう人にかける時間は減らします。

だって、ぼくが付き合いたい人ではありませんので。

 

【スポンサーリンク】

好きでもない人には嫌われよう。

自分が付き合う人は選ぶべきです。

自分がやりたいこと・進みたい道が決まっているのであればなおさらです。

極端に聞こえるかもしれませんが、自分にとって邪魔になってしまうような人とは付き合う必要がないからです。それほどまでに「誰と一緒にいるか」は大事なことなんですよ。だから、一緒にいて心地がいい人や、一緒にいると素直になれる人・話しやすい人とは積極的に一緒にいるべきです。

逆に考えれば、好きでもない人には積極的に嫌われていいんですよ。わざわざ好かれるように振る舞うなんて、求めていない結果しか得られませんよね。八方美人である必要はないので、バッサリ切ってしまってOKですよ。

そうすることで、好きな人たちとの過ごす時間が作れるので、そこからなら得られるものはたくさんあるはずです。

自分の時間をムダにしないためにも、ぜひ意識しておきたいですよね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。