スマホ全盛期のいま、PCはChromebookのほうが都合がいい。

【スポンサーリンク】

よく聞くキーワードに「スマホ全盛期」とか「スマホファースト」という言葉があります。

いまやほとんどの人がスマホを持っている時代です。

テクノロジーに対しての心理的ハードルが低い若い世代でも、PCは買わずにスマホだけという人が多くなりましたよね。

スマホが便利すぎるので、わざわざPCを買う必要がないと思っている人が増えた結果でこうなっているのですが、とはいえPCからスマホのバックアップ操作を行ったり、プログラミングなどで使う必要があります。

だからといって、そのためだけに高いPCを買うのは気が引けるし…。

でも安心してください。そういう人にこそ安いのに安全な「Chromebook」が最適ですよ!

 

スマホ全盛期のいま、PCはChromebookのほうが都合がいい。

スマホはなんでもできます。

アプリが豊富にあり、文字をサクサク入力できるように作られているため、これだけでほとんどの作業を完了できますよね。でも書類・資料作成やプログラミング、プレゼン資料作成などにはPCのほうが快適に作ることができます。

そこで「Chromebook」の出番です。

Chromebookにはかんたん・手軽に使える仕組みが整っています。これがあるおかげで、わざわざ高い他のPCを買うよりはChromebookを活用したほうがいいというメリットになっています。

  • ログインはGmailアドレス・パスワード(Googleのサービスがすぐに使える)
  • 設定も含めたデータはすべてGoogleドライブに自動保存される(意識して保存する必要がない)
  • 「Powerwash」を使えばサクッと初期化できる。

 

ログインはGmailアドレス・パスワード(Googleのサービスがすぐに使える)

Googleがサービス提供している、フリーのWebメールとして有名な「Gmail」のアドレス・パスワードを使ってログインすることができます。

すでにGmailを使っていれば、わざわざPCのためにユーザー登録したり、ログイン環境を構築する必要がありません。

また、Gmailアドレス自体をログインに使っているので、Googleの各種サービスにログインし直すことなく、そのまますぐにスムーズに使うことができます。

 

設定も含めたデータはすべてGoogleドライブに自動保存される(意識して保存する必要がない)

Chromebookでは、設定を含めたデータはすべてGoogleドライブに自動保存される仕組みになっています。

つまり、意識することなく常に設定した環境が保存されていて、新しく購入した機種だろうが、友人に借りようが、どのChromebookを使ってもすぐに自分の使用環境を再現できます。

ぼくは現在「Chromebook Flip C100PA」と「ThinkPad 13 Chromebook」を所有しています。2台とも同じGmailアドレス・パスワードでログインして使っていますが、あとから買ったThinkPadにログインしたところ、先に使っていたFlipの環境がほぼ一瞬で再現されました

わかってはいたことですが、改めて目の当たりにしてビックリしました。

 

「Powerwash」を使えばサクッと初期化できる。

Chromebookはデータ消去についてもかんたんです。

設定の中に「Powerwash」と呼ばれている機能が備わっていて、それを実行するとほんの数分で初期化されます。

これはOSとデータが完全に分離しているChromebookだからこそできる技で、Mac・Windowsで同じことをしようと思ったらかなりの時間が必要になります。

Chromebookを友人に貸す・友人から借りるとき・使い終わったときなどにPowerwashを実行すれば、ログイン情報や使用履歴・個人情報に至るまで、Chromebook上に残っているデータがすべて消去できます。

Chromebookの調子が悪いと思ったときも、Powerwash実行しておけば一瞬でまっさらな状態に戻せて、すぐに再構築することが可能なので、大変便利です。

とても手軽なので、ぼくもときどき実行してChromebookを快適に保つようにしています。

 

【スポンサーリンク】

ChromebookはPCの未来だ。

Chromebookは「PCという箱」の中に、積極的にクラウドを活用する「ChromeOS」が入った、まったく新しいPCのかたちです。

よく「Chromeブラウザしか使えない」という評判がついてまわっていますが、本来のメリットはそこにはなくて、Chromebookという生態系のスゴさ・大きさこそが最大のメリットです。

多くの人が使っているGmailアドレスを主軸にして、そこから各種サービスをスムーズに使える手軽さは、最初から選択肢が多い他のPCに比べて迷うことなくがほとんどありません。

スマホのように手軽で、しかも値段も高くなく、安全安心に使えるように設計されているので、これこそがPCの未来系だとぼくは考えています。

2016年から一部の機種で始まったChromebookのAndroidアプリ対応も含めて考えたら、活用シーンはどんどん広がっていっているな…と強く感じます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。