まだペットボトルのお茶を買ってるの?作ったほうが安くておいしいよ。

【スポンサーリンク】

まだペットボトルのお茶を買ってるの?

お茶って意外と飲みますよね。

コンビニでペットボトル飲料を買うとなると、ジュースなどの甘い飲料よりもお茶・水を買う割合のほうが圧倒的に多かったりします。それはコンビニの飲料コーナーを見れば一目瞭然です。

最近だと500mlなら1本100円のものもあって、安く買えるのはうれしいですよね。2Lでも200円しないので、ほんとうにありがたいです。

が!これを毎回買っていたら、とても高くついてしまいます。

お金がたくさんある人はいいですが、お金をどんどん使ってしまうのはとてももったいないですよね。

これは立派な消耗だ…!

 

【スポンサーリンク】

お茶は作るほうが圧倒的に安い

ぼくが一人暮らしを始めた頃、あまり深く考えずにペットボトルのお茶を買っていました。

でも、あるときふと気が付いたんです。

 

「 これってお金がもったいないよな。ティーバッグを買ってきて水出ししたほうが確実に安いはず 」

 

毎回1〜2本ずつ2Lペットボトル飲料を買ってくるよりも、自分でピッチャーとティーバッグを買ってきて、水出ししたほうが当然安いですよね。

というわけで、すぐに買ってきて作ってみました。

【スポンサーリンク】

コスト試算してみたら圧倒的にお得だった!

ざっくり計算してみます。

  • 2Lペットボトル飲料 … 150円(Amazon・おーいお茶2L×6本の1本単価・2017年2月19日現在)
  • ティーバッグ … 508円(Amazon・ワンポット抹茶入り緑茶ティーバッグ50袋・2017年2月19日現在)
  • ピッチャー … 747円(Amazon・岩崎冷水筒フェローズ2.2L・2017年2月19日現在)

 

ティーバッグは1袋あたり約10円です。2L抽出するのに2袋使うので20円ということになります。水道代は考えていませんが、とんでもなく安いです。ピッチャーの値段を考えたとしても、数回使えば元は取れますよね。

「肝心の味はどうなの?」とよく聞かれますが、いまのお茶パックはどんどん改善されていて、おいしく飲むことができるんです。なんだったら、ペットボトルのお茶よりもはるかにおいしいです。

「ティーバッグのお茶はおいしくない」と言われ続けていますが、それはもう昔の話。ぼくはペットボトルのお茶よりも、お茶パックから水出ししたお茶のほうが断然おいしく感じますし、実際おいしいです。

これならおいしく・お安く飲み続けられておトク!ということで、いまでもこの方法を続けています。

 

夏はピッチャーの数を増やして対応する!

お茶を飲む量は、その日の気温によってずいぶん左右されますよね。暑い日になれば喉が渇くので、いつもより飲む量が増えます。

そんなときに、ついうっかりペットボトル飲料を買ってしまわないように要注意です!とはいえ、家にあるお茶は飲みきっちゃったからすぐにはできないし…というときは、ピッチャーの数を増やして対応しましょう。

家族の人数にもよりますが、ピッチャー1本で使いまわすのではなく、2〜4本を常に作って冷やしておけば、途切れることはまずないです。

ぼくが一人暮らしをしていたときは、ピッチャー2本体制で運用していました。これでもちょっと足りないかな…というときはありましたが、自宅で飲むお茶はこれでなんとか乗り切ってこれました。おかげでコストを抑えながら、でもおいしいお茶を途切れることなく飲み続けられたので、ずいぶんおトクに過ごせていましたよ。

付け加えるならば、「マイボトル」を携帯して、そこにも作り置きのお茶から補充できれば、さらにコストを下げることができます。こちらも併せてやっていくのもいいですよね。

【スポンサーリンク】

結論:お茶は作ったほうが安くておいしい!

というわけで、おいしいお茶が安く飲めて、ぼく自身は幸せです!

ほんと、みなさんいまのティーバッグを知らなすぎですよ。あんなにおいしいのになぜ飲まないのか…もったいないなぁ。

もちろん、こだわりがある方にはこれではダメなのかもしれませんが、ぼくはごく普通においしく飲めればそれでいいので、この方法はオススメです。

ペットボトルを買うのはバカらしいので、これからもこの方法でやっていきますよ!

安くておいしい水も作れる時代です。こちらも手放せません。

浄水器・クリンスイで作る水がおいしい。ポット型なら一人暮らしでも手軽に導入できるよ。

2017.05.25

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。