まだ「すみません」とか言ってるの?「ありがとう」を積極的に使っていこうよ。

【スポンサーリンク】

まだ「すみません」とか言ってるの?

あなたは普段から「ありがとう」という言葉を積極的に使っているでしょうか?

国によって言葉は違えど、各国の「ありがとう」が感謝の意を伝える言葉であることは世界共通です。

  • ありがとう
  • Thank you
  • Danke schön
  • Gracias
  • 謝謝

この言葉を何気なく使う人は多くいても、意識して積極的に使っている人は少なそうです。

なぜなら、日本人は口ぐせのように「すみません」とつい言ってしまう人が多いからです。

悪くもないのに「すみません」と言うなんておかしいですよね。でもある意味かなり積極的に使っていませんか?

もしそう思っているのなら、「すみません」をやめて「ありがとう」を積極的に使うべきですよ。

 

【スポンサーリンク】

「ありがとう」は相手も自分も幸せになれる。

ぼくが「ありがとう」をわざわざ意識して積極的に使うべき!と思っているのは、とんでもない効果があるからです。

その効果をひと言で言えば、「相手も自分も幸せになれるから」です。

幸せの程度は別の話ですが、言われた相手にとっては「すみません」よりも「ありがとう」のほうが気持ちがいいですよね。逆の立場で考えたらかんたんにわかりますが、そう言ってもらったほうがうれしいと思いませんか?

さらには、「ありがとう」と言っている自分も幸せな気持ちになれるはずです。

ということは、口ぐせレベルで「すみません」と言っている人は損していることになりますし、わざわざ不幸を呼び込んでいることになります。

自分から不幸になりたい!と思っている人はいないですよね?

じゃあ「ありがとう」を使いましょうよ!

 

【スポンサーリンク】

「ありがとう」は魔法の言葉。意識して使おう。

先日、呼び込みの仕事をやったときに、ぼくはあえて「ありがとう」をたくさん使いました。

  • 立ち止まってくれてありがとう
  • 話を聞いてくれてありがとう
  • 参加表明してくれてありがとう

呼び込みなので、店頭でビラを配りながら一生懸命に声を張って「おねがいします!」と言いまくっていたわけです。ビラを手渡したときに一瞬でも会話するように意識していたので、その瞬間だけでも耳を傾けてくれたことに感謝して「ありがとう」と伝えるようにしました。

いくら感謝の意をあらわしても、相手がどう思っていたかはわかりませんし、「めんどうなことに巻き込まれた」「興味ないことに巻き込まれた」「うるさい」とか、そういうふうに思われたかもしれません。

でも、たとえ成功・失敗どちらのパターンだったとしても、別れ際に「ありがとう」と言っておけば、少なくとも悪い気はしないのではないでしょうか。

そのうち相手の気が変わって、もしかしたら次の機会には足を運んでくれるかもしれません。そのきっかけになる可能性として、「なんとなくいい感じだったから」というこちら側に対するイメージを持ってもらえれば大成功だと思うんですよね。

だから、相手に持ってもらう印象が良いかどうかは重要です。次のチャンスを生む確率(成功率)を高める意味でも、「ごめんなさい」「すみません」だけで終わらずに「ありがとう」と伝えておくことは、とても意味があるとぼくは思います。

というわけで、意識して「ありがとう」を使うべきですし、こんなすてきな魔法の言葉は他にありませんので、ぜひ積極的に使いましょう!というお話でした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。