好きなことなら「実名顔出し」して体を張るべき(ただしリスクあり)

【スポンサーリンク】

実名+顔出しできますか?

ブログでもなんでもそうですが、自分が好きなこと・自信を持ってやっていることだったら、可能な限り「実名+顔出し」して身体を張るべきだとぼくは考えてます。

ただし、それはなかなかリスクが高い行為です。有名ブロガーだと「ももねいろ」の橘桃音さんが経験された一件は有名ですよね。

匿名ブロガー達よ、身バレの恐怖を教えてあげよう。会社員がブログを頑張り過ぎると職を失うことになる|ももねいろ

ぼく自身の場合は、そもそもブログを本名でやっていたのでいつかは会社にバレるだろうと思っていましたが、まさかそれが元になって追い詰められたのは想定外でしたけどね。

でも、そこまでしてでもリスクを取ってやるべきだとぼくは考えているので、相当なリスクを取る方を選んでいます。

会社を辞めました。これからは自由に生きていきます。

2016.11.21

 

【スポンサーリンク】

ぼくが「実名+顔出し」する理由

ぼくは昔からすべてのアカウントを実名で使ってきました。

Facebookはもともとそういうものですが、LINEにしてもTwitterにしても、どれも全部実名です。

その理由はただひとつ。それが自分のものだからです。

所有権とかそういう細かい話は抜きにして、どんなサービスを使っていようともアカウント自体はぼくのものです。だから、ぼくだとはっきりわかる識別コード=実名を書いているんですよ。そうはいっても、小学校の時に習った「自分のものには自分の名前を書く」程度のものと同じ感覚なんですけどね。

ぼくからしたら、誰だかわからない名前や写真を入れてSNSを使うなんて理解に苦しみます。匿名でなければならない状況があることは理解できますが、例え実名にしたとしても運用方法でいくらでもカバーできるでしょう。

それよりも、有名人の写真やアニメキャラの画像などをどこからか拝借してきて貼り付けている人のほうがよっぽど心配です。それ、肖像権侵害とか、著作権侵害とかにあたりますからね。

 

【スポンサーリンク】

「実名+顔出し」して身体を張っている人が生き残れる時代

ぼくが実名顔出しでブログを書いているのは、「それが自分のものだから」であって自然な感覚だからそうしているというのが理由ですが、そもそも誰が書いているのかわからないブログよりも、ぼくが書いているとわかったほうがいいと考えているからそうしているだけです。

そうやってまで本気で取り組んでいるという「覚悟」のあらわれでもあります。

記事の内容が幼稚で読みにくいとか、下手くそとか、まぁそういうのはあるかもしれませんが、うまくなるのを待っていてやるのではなくて、そのまんまの生き様みたいなものを含めた上で、それがぼくのブログなんですよね。

そうやって身体を張っていれば、いつか大きな価値を生むと信じているので、この先もずっとこのまま書き続けていきます。

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。