自分の時間をなにに使うか。それを他人に委ねたら人生アウト。

【スポンサーリンク】

自分の時間は自分だけのもの

会社を辞めたおかげで、ぼくは時間を自分のためだけに使うことができるようになりました。

引っ越しが完了して1週間、だいぶ落ち着いたので、いまはブログを書くことに集中しています。

活動拠点を東京に移しました(=引っ越しました)

2016.12.14

書く時間を増やすことで、書く量・スピードを上げることが当面の目標です。

寝ても覚めてもブログのことだけを考えていられるなんて、ほんと最高ですよ。好きなことだけを考えていればいいんですから。

収入が途絶えるというリスクを背負った反面、こういうお金では買えない「利益」が手に入ったことが本当に大きいです。

 

【スポンサーリンク】

時間を他人のために使うな

好きでもない・大事でもない人のために時間を使うほど、ぼくらはヒマではありません。

だから、「必要ない」と判断したら、例えどんなイベントでも断っていいんですよ。

ここでこそ「嫌われる勇気」ですよ。

中途半端に参加する・生返事でなんとなく出席するとか、ほんとやめたほうがいいですよ。

その時間でもっと他のことができますから。

[嫌われる勇気]人生は短いので、大切な人たちと一生懸命に生きるべき

2016.12.23

 

【スポンサーリンク】

時間を自分の手元に取り戻そう

「忙しくてできない」

会社員時代、ぼくもよくこう言っていました。

確かに忙しかったです。文字どおり心を亡くしていましたから。

でも、そんな生き方が今後も続けられるわけがいないんです。心と身体に無理が生じたら、それこそアウトです。

もっと早くそれに気がついていれば、変な苦労をせずに済んだなぁとしみじみ思っています。

長い人生をおもいっきり生きるためにも、他人に付き合わされる時間をすべて解放して、自分の手元に取り戻すべきだとぼくは思います。

あなたは平等で限られた「時間」を自分のために使いますか?それとも他人のために使いますか?

というわけで、ぼくなりのクリスマスの誓いでした!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。