会社を辞めて一番良かったのは「通勤ラッシュ」がなくなったこと。

【スポンサーリンク】

 

通勤ラッシュはひたすらツラい。

会社に仕事しに行くために、毎朝決まった時間に家を出て会社に行くというのが標準的なサラリーマンの姿になりますが、ここでどうしてもでてくるのが「通勤ラッシュ」。

日本の名物、平日の朝晩に必ず発生する強制イベントですが、あれほど辛くて苦しいものはありません。

それを回避するには早朝出勤するか、またはオフピーク通勤するしかなくて、特にオフピーク通勤は会社側がOKしていないとできない技ですよね。

 

ぼくは比較的通勤時間が短い方だったとは思いますが、それでも電車に片道50分くらいは乗っていて、大きな駅を通るたびにぎゅうぎゅう詰めにされていくのが耐えられませんでした。

さらにはラッシュの影響で電車が遅れることも日常茶飯事だし、なにがきっかけなのかわかりませんが、ちょっとした揉め事を見かけることもしばしば…

そこまで含めてサラリーマンの仕事なのでしょうが、いやあれほんと辛いですよね…。

 

【スポンサーリンク】

会社を辞めて一番良かったのは「通勤ラッシュ」がなくなったこと。

会社に行かなくなってみて、この「通勤ラッシュがない」ということをはっきりとメリットとして感じています。

明らかに身体がラクで、精神的にも相当軽いです。会社を辞めているのだから通勤がなくて当然ではありますが、将来に対するいろんな悩み事・心配事よりもこっちのメリットのほうが圧倒的に大きいんですよね。

通勤ラッシュを回避するために早朝出勤を気にする必要はないし、夜も帰宅ラッシュに巻き込まれることがないし、もう本当にいい事づくしです。おかげで自分がやりたいことに全力で集中できて、すべての時間を自分のためだけに快適に使えています。

いまはもう一歩進んで、電車に乗る必要がある場合でも、時間調整ができるのであれば、可能な限りラッシュがある時間に電車に乗らないようにしています。わざわざラッシュにあわないように、時間を自由に使えるメリットを存分に活かして出かけるようになりました。

たったこれだけで、予定・アポイントに対する対応クオリティが上がり、最終的には1日の充実感が大きいんですよ。

ひとことでいうと、すごく健全です。

 

【スポンサーリンク】

働き方は選べる

通勤電車を見ていればわかりますが、「通勤ラッシュはキライ」「すごく苦手」という声はたくさん聞くのに、それにあわないで済むような働き方を選んでいる人はまだまだ少ないです。

「仕方ないだろ!」「そういうものだ!」という声が聞こえてきそうですが、そういう働き方を自ら選んでいるということを自覚してください。

 

だって、いまの時代「働き方」はいくらでも選べるんですから

在宅ワークを推奨している企業だってありますし、そもそもオフィスを持たずに仕事している企業だってあるくらいです。ツラい・イヤだと言っていないで、ぜひそういう仕事を探してみてはいかがでしょうか?

どうやって生きても自分の人生なんですから、やりたいことや理想に近いところで働いたほうが良いですよね。少しでも疑問を感じているのなら、いますぐ検討してみてはいかがでしょうか?

あなたの人生がよりよいものにできるか、それとも数十年間そのまま通勤ラッシュにもまれて過ごすかは、あなた次第で選べますよ!