[初心者必見] 格安SIMの選び方・使い方。全ての疑問にお答えします!

【スポンサーリンク】

格安SIMってなんだ?…そんな疑問にお答えします!

最近よく聞く「格安SIM」。

名前のとおり大手キャリアに比べたら維持費がはるかに安くなるのですが、でもこれ一体どうすれば使えるの?どこで契約するの?そもそもなんなの?

その疑問、格安SIM大好き人間のぼくがお答えします!

 

〜格安SIMの入門編〜

まずは入門編から。そもそも何なの?な疑問にお答えします!

そもそもSIMってなに?

「SIM」と書いて「シム」と読みます。

SIMはスマホ・携帯電話に入れて使うカードのことです。

今お使いのスマホ・携帯電話を契約したときにお店の方が本体に入れてくれるのですが、この中に契約プランや個人情報などが入っており、これがないと通信・通話ができません。

「そのスマホ、うちの電波で使ってよし!」という感じの許可をしてくれる、さながら通信許可書みたいな役割ですね。

サイズは3種類あって、標準SIMカード、microSIMカード、nanoSIMカードの順により小さくなっていきます。

こちらはnanoSIMカード。ここ最近のiPhone・iPadには、このnanoSIMカードが採用されています。

slooProImg_20150425143646.jpg

じゃあ格安SIMはなに?

大手キャリア(MNO)の通信設備を間借りして、独自の料金・サービスを提供するキャリア(MVNO)が発行するSIMのことを指します。

通信エリアはその大手キャリアに依存します。今のところドコモ回線の間借りが主流で、au回線の間借りは2014年にmineoが初めて提供して、その後数社が提供を始めました。

また、手元にくるSIMカードは、大手キャリアのものが届きます。つまり、ドコモだったり、auだったりします。

なんで価格が安いの?

理由は2つあります。

1,通信量・速度制限をコントロールしながら運用している

通信量や速度を制限しながら、たくさんの人に使ってもらっているからです。

大手キャリアがものすごく太い土管を持っていると仮定して、MVNOはその土管のほんの一部を間借りしながら、さらにその中をたくさんの人で共有しているイメージです。

土管イメージ(MNO・MVNO)

MVNOの土管のサイズは、MNOに対して通信量を「これくらい使いたい」と言って間借りしているものなので、MVNO側がたくさん借りていれば通信速度や通信環境が良くなります。

 

2,店頭サポートが(ほとんど)ない

基本的に店頭サポートは一切なく、そういうところにかかる固定費などが一切ないことも挙げられます。

大手キャリアが店頭でスマホトラブル解決や色んなサービスをフルで提供しているのに対して、格安SIMは基本的にメール・電話でのサポートが中心です。

最近ではMVNOでも店頭サポートをしているところもありますが、基本的に全て自分で調べて対処することになりますので、ちゃんと理解する必要があります。

電話はできるの?

はい、できます。

電話番号をそのまま移し替えられるモバイルナンバーポータビリティ(MNP)にも対応しています。

通話料金はちょっと高めで、30秒20円という場合が多いようです。

MVNOによっては、独自に通話料割引サービスなどを提供しているところもあります。

種類はあるの?

格安SIMにも種類があります。

[サイズ]

ひとつはサイズです。

標準SIMカード・microSIMカード・nanoSIMカードの3種類があります。

SIMカードサイズ

お使いのスマホ・タブレットに合ったSIMカードを用意するのが基本になります。

万が一ご自分のデバイスに合わない場合は、後述する対策を取ることで使えるようになります。

 

[プラン]

格安SIMを選ぶ際に重要なのがプランです。

内容はMVNOごとに異なりますが、基本的には大きく分けて3つあります。

  • データ通信のみ
  • データ通信+SMS
  • データ通信+SMS+電話

元になるのがデータ通信だけができるプランで、そこにSMS(ショートメール)が使える機能を追加したり、さらに電話機能を追加することができます。

当然ながら内容に比例して価格も変わっていきますので、この中では電話機能付きプランが一番高くなります。

ちなみに、ぼくが使っているIIJmio(みおふぉん)はデータ通信3GB+SMS+電話=月1,600円ですが、仮に電話機能・SMSが必要なかったとしたら同じ3GBプランで月900円になります。

また、MVNOによっては通話プランを提供していないところもありますので、契約予定の格安SIMのプランを良く確認してから選びましょう。

どこで契約するの?

インターネットから契約する場合がほとんどですが、店頭で契約できるものもあります。

契約の仕方にはいくつか方法ありますが、一番かんたんなのがインターネット経由で自分自身で契約して、SIMが到着するのを待ちます。

家電量販店などでSIMの販売パッケージを購入→のちに開通作業する方法もありますが、買いに行く手間が省けるネット通販のほうがラクです。

また、一部のMVNOは店頭契約もできます。店頭だとMNPする場合もその場ですぐに手続きしてくれるので、この場合はとても便利です。

ぼくも大手キャリア→格安SIMにMNPしたときは店頭でMNPしましたが、いまは自宅に居ながらにして自分でMNPすることもできるようになりました。MNPしている間のロスタイム(電話が通じない時間)を大幅に減らすことができるので、いまだったらこの方法が取れるサービス会社を選ぶといいでしょう。

2年縛りなどの契約期間はあるの?

データ通信プラン・データ+SMSプランの場合はほとんどのMVNOで縛りなしです。

必要なときに契約して使い始めて、不要になったら即解約できます。急な出張や一定期間だけ国内に滞在するとか、そんなときにも便利です。

一方、通話機能付きプランはほとんどのところで一定期間の縛りが存在します。

ぼくが使うIIJmio(みおふぉん)は1年未満の解約については「音声通話解除調停金」がかかります。

 

〜格安SIMの実践編〜

格安SIMがどんなものかわかったところで、じゃあ具体的にはどうすればいいの?なところにお答えします!

どれを契約すればいいの?

ずばり「どれを契約すればいいのか?」という話ですが、格安SIMサービスはまさに日進月歩で、次から次へと新しいサービスが出てきています。

それはもう、ものすごい速度で普及している何よりの証拠です。

じゃあ、どれを契約すればいいの?と思うかもしれませんが、基本的には自分に合った通信サービスを探して契約することになります。

ちなみに、ぼくのオススメは以下3つ。

  • インターネットから購入するけどサポートが欲しい or au回線を選びたい → mineo
  • 家族で契約をまとめて使いたい or データをシェアしたい → IIJmio(みおふぉん)
  • LINEやSNSをたくさん使いたい → LINEモバイル

 

[mineo(マイネオ)]

iPad mini 4にmineo DプランのSIMをセット。ご利用ガイド付きで安心感大!しかも通信速度が速い!!

2015.09.26

mineoはぼくのイチ押しです。

使っているのでよくわかりますが、回線の品質がとてもいいです。

また、ドコモ回線(Dプラン)・au回線(Aプラン)を選べるところも特徴のひとつで、利用する生活圏内でより通信がしやすい方を選べます。

わかりやすいマニュアルが用意されているので、自信を持ってオススメできます。

月額756円(税込)からの格安スマホmineo

 

[IIJmio(みおふぉん)]

IIJmio(みおふぉん)は長く格安SIMを提供している老舗企業のサービス名称です。

選ぶのに困ったらとりあえずIIJmio(みおふぉん)を選んでおけばいいかと、ぼくは考えています。

普通に使うのでもオススメですが、1契約で最大10枚のSIMカードを所有できるサービスはここだけです。

「ファミリーシェアプラン」がそれに該当するのですが、月10GB使えるこのプランを最大10枚のSIMカードで共有することができます。

screenshot-www.iijmio.jp 2016-05-29 21-05-47

例えば家族4人で電話番号4つをそれぞれ維持しながら1契約で運用することもできますし、2世帯で共有することもできます。

詳しくは別記事にまとめましたので、ぜひご参考ください。

親友から格安SIMについて聞かれたので、コンサルしたら喜ばれた件。

2016.05.30

IIJmio(みおふぉん)

 

[LINEモバイル]

いまや使っていない人はいない「LINE」。

そのLINE運営会社が格安SIMの提供を始めたのが LINEモバイル です。

いままで他の格安SIMではできなかった年齢認証ができるので、ID検索することが可能になります。

通信料は1GBと少ないですが、LINE通話・トークの通信制限がかからない「LINEフリープラン」が500円というのは破格です。電話番号をMNPしても+700円とリーズナブルな点はいいですね。

LINEに加えてTwitter・Facebook・Instagramもデータ消費ゼロになって、なおかつデータ通信量3〜10GBの中から選べる「コミュニケーションフリープラン」もあります。

2016年8月にサービスが始まったばかりですが、これからが楽しみな格安SIMです。

LINEモバイル

 

SIMカードがスマホのSIMカードスロットに入らない!

SIMカードのサイズと、スマホのSIMカードスロットのサイズが合わないことが原因です。

これを解決する方法としては、ご自分が契約した格安SIMの会社に申し出て、交換してもらえばOKです。ただし、だいたいのところが有料になります。

そこで、お金をあまりかけずに解決できる方法をご紹介。

「SIMカードは小さいのに、スマホSIMスロットが大きい」とき(SIMカード<スマホSIMスロット)

この場合はSIM変換アダプターを買ってきて装着すれば対応できます。

ご自分のSIMカードを変換アダプターにはめ込んで、それをスマホに挿します。

SIM変換アダプターは数社から発売されていますが、アダプター自体の品質が悪いと取り出せなくなったりすることもありますので注意が必要です。また、その使い方を推奨していない機種もありますし、構造上SIM変換アダプターを使わないほうがいい機種も存在しますので、その点はご注意ください。

ぼくのオススメはこちら。

「SIMカードは大きくて、スマホSIMスロットが小さい」とき(SIMカード>スマホSIMスロット)

上記とは逆の場合。

この場合は、SIMカッターを使って力技でSIMカードをカットする方法があります。

SIMカード自体をカットするので、ちょっと勇気が入ります。カットしたあとは、バリをヤスリで削って仕上げます。

当然自己責任ですので十分注意が必要です。

SIMカードの場合は「小は大を兼ねる」

結論から言うと、SIMカードを契約する際はぴったりサイズを選ぶのが一番リスクが低いです。

でも、どれか1枚を契約するのであれば、ぼくならnanoSIMを契約します。

万が一スマホ・タブレットのSIMスロットサイズに合わなかったとしても変換アダプターさえあれば使用できるのと、通常のSIMサイズではカットしなければnanoSIMスロットに入れることができないからです。とにかくカットすることだけは避けたいと考えています。

ことわざとは逆になりますが「小は大を兼ねる」ですね。

トラブルが発生!どこに聞けばいいの?

なにかトラブルが発生したら、その時は契約している格安SIMサービスの会社にメール・電話・Twitterなどで問い合わせてみましょう。

または、BIC SIMのようにビックカメラ店舗内にサービスカウンターを持っているところでしたら、そこへ行きましょう。

間違ってもドコモショップやauショップに聞いてはいけません。

ただ、再三のことになりますが、まず自分でインターネットを検索して調べて、各社サポートページのトラブルシューティングを読んで、それでも解決できない場合は問い合わせる、というのが基本になります。これが出来ないとなにかあっても対処できません。

「ネット検索して対処する」というのはごくふつうに必須スキルだと思いますので、ぜひこれくらいは出来るようになりましょう。

逆に言うと、店頭でサポートしてもらえないと絶対困る!という方には向いていません。

通信速度が大手キャリアのときより遅く感じる

その通りです

なにせ、回線を間借りしているのですから、大手キャリアほどの速度は期待できません。

そうは言ってもLTEでしっかりつながっていますし、エリアは広いです。

体感速度や求める速度は人それぞれで違いますが、実際ぼくは半年使ってみて、速度で困ったことはないです。

そもそも、それ以前に契約していた大手キャリアの通信速度が異常なほど速かったんですよ。

 

快適な格安SIMライフを送りましょう♪

長々と書いてきましたが、去年から一気に盛り上がった格安SIMについて、実際はあまり良く知らないという方が多いと感じましたので、ぼくがよく聞かれる話を元に書きました。

よく理解してから使い始めれば、あとでトラブルになったり、困ることもなくなるはずです。

ちゃんと理解できれば、これほど良いサービスはないですよ。

自分で調べる手間や、セットアップする手間、トラブル解決する手間など、なんでも自分で調べなければ進めませんが、そこさえ乗り越えられたら、大幅なコスト削減が見込めます。

固定費を下げられるチャンスはなかなかありませんので、ぜひ格安SIMを活用して、スマホ維持費をおもいっきり下げてしまいましょう。

ぜひお試しあれ♪