いやいや仕事してるの?「好き」を仕事にしている人にしか未来はこないよ

【スポンサーリンク】

なんでいやいや仕事してるの?

会社で働いていたとき、こんな声をよく聞いていました。

  • 「仕事行きたくない」
  • 「仕事がつまらない」
  • 「職場の人間関係が合わない」

それぞれにいろんな理由があって、いまの仕事を選んだはずです。

でもちょっとよく考えてください。その環境を選んでいるのはあなた自身ですよね。

しかも、なんだかんだと言いながら結局そこに居続けるということは、それなりに居心地がいいか、または動く気がないかのどちらかです。

仕事を選んだのがあなただったら、どうするかを選ぶのもあなた次第ですよね?

 

【スポンサーリンク】

いやいや仕事している人にくる深刻な未来。

いやいや仕事をしていると、環境が変わるとか人間関係がどうとかいうよりも、さらに深刻な事態がこの先に待っています。

よく考えればどれもかんたんな話です。

 

「好き」を仕事にしている人たちに勝てない

いやいや仕事をしている人がいるのと同じように、その正反対の「好き」を仕事にしている人たちも当然います。

好きを仕事にしている人たちは、好きだからこそ発揮できるパフォーマンスがハンパないです。

そんな人に、いやいや仕事している人が勝てるわけがありません。勝ち負けの問題ではありませんが、「好き」を原動力で動いている人の仕事量・クオリティが高ければ高いほど、「嫌い」と思っている人が出す品質とはかけ離れすぎてしまうんですから。

いまあなたがやっている仕事を「好き」と思う人だっているはずです。そんな人が近くにいたら、あなたは勝てますか?

 

この先10年で90%の確率でなくなる仕事がある。

オックスフォード大学でAI(人工知能)を研究しているマイケル・A・オズボーン准教授らが発表した論文「雇用の未来」の中で語られている有名な話ですが、「 この先10年以内に90%の確率でコンピューターに取って代わられる仕事がある 」という衝撃的な内容が語られています。

取って代わられる仕事は「コールセンター業務」だったり「ホテル受付業務」だったり「簿記・会計などの事務作業」など複数に渡っています。

実際、コールセンター業務はほぼ音声自動化されつつありますし、ホテル受付は事前にオンライン決済を済ませておけば面倒な手続きがありませんし、ソフトウェアが発達して簿記・会計業務はパソコン1台でほぼ処理が済みますよね。

こういう具合に仕事はどんどん無くなっていって、アメリカの総雇用者の仕事のうち、約50%が10〜20年後にはコンピューターに取って代わられるとの予測もされています。

そんな事態が起きる未来が想定されているのに、いやいや仕事している人が生き残れる確率はかなり低そうですよね。

まだ消える職業・なくなる仕事を続けるの? 個人でお金を生み出せるようになろうよ。

2017.04.26

 

【スポンサーリンク】

「好き」を仕事にしよう。

この先を生きていくためには、自分が本当に好きなことを仕事にしていかなければ、競争が厳しい世の中で立ちゆかなくなってしまいます。

もちろん、好きを仕事にしたところでも厳しい状況は予想されますが、少なくともいやいや仕事をしているよりは様々なアイデアを出してチャレンジしようという気持ちになれますよね。

そういう状況に身をおいておかないと、10〜20年以内に悲惨なことになりかねません。

だから「好き」を仕事にすることが重要です。

極端な話、好きなことだけして生きていくくらいの覚悟がないとダメでしょう。

それくらいやって、ようやくスタート地点に立てるかと。

いまからでも遅くないですから、いまやっていることをよく見直して、「自分はなにがやりたいのか」をいま一度考えませんか?

 

好きなことをやるために転職だ!

というわけで、恒例ですが転職サイトを掲載しておきます。

動かなかったら、なにも変わりません。

「環境が悪い」「上司が悪い」「会社が悪い」とか言ってひとりでくすぶっていないで、ぜひ動きましょう!

動いた先に、あなたの大きな未来が待っていますよ!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。
ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。
自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。
詳しいプロフィールはこちらから。