ぼくには「なんにもない」がある。

【スポンサーリンク】

ぼくには「なんにもない」がある。

ぼくには特別な能力もなければ、秀でている能力もありません。

でも、ひとつだけ持っている能力があります。

それが「なんにもない」です。

「なんにもない」から、なんにも気にせずに動けるし、なんにでもなれると思っています。

なんにもないことを「恥ずかしい」とか「いやだ」とか思わないですし、なにごとも他人と比較したり背比べしたり、そういう意味のないことはしません。

どこまで行っても、ぼくはぼくなんですから。

 

【スポンサーリンク】

能力の高い人がスゴい?でもその人にだってないものはないよ。

世の中を見渡してみると、ものすごく高い能力をもった人がゴロゴロいるんですよね。

わかりやすいところでは、スポーツ界で世界No.1の実力者だったり、強いリーダーシップを発揮して起業した会社を大きくした人だったり。「この人が出てくるとなんでも決まる」みたいな凄腕営業マンや、ちょっと声をかけると次々に人と人をつなげていく人なんかもスゴいです。

こういうものすごく高い能力を持った人って、結構いるんですよね。しかも思っている以上にたくさんいたりして、結構ビックリすることもしばしばあったりします。

そういう方を見かけたり、あるいは自分の近くにいたりすると、つい比較してしまって「あー、自分はああいうふうにはなれないなぁ」なんて思ってしまったりもしますが、それって本当にそうでしょうか?

比べる必要がないのに、ついスゴい人になんだかすっかり感化されちゃって比較してしまうことってありますよね。比較したところでもともとないものは出てこないわけですし、そもそも意味がないわけですよ。

そういうスゴい人を目標にするのと、自分と比べて優劣を確認したりするのでは、意味が大きく違います。そんなことしなくたって、その人にだってないものはないじゃないですか。

そこらへん、あなたと同じでしょ?

 

【スポンサーリンク】

なんにもなくたっていいじゃない。自分は自分だよ。

そもそもなのですが、自分が必ず誰かよりすごい必要ってないですよね。

もちろん、秀でている部分があればそれは素晴らしいことですが、それを追求したところで必ずしも幸せにはなれないんですから。何かがあるからすごいとか、何かがないからダメとか、誰もそんなことは言っていないんです。そう思っているのは、たぶんあなただけですよ。

むしろ、「なんにもない」ことだって、実はすごいことなんじゃないでしょうか。なにもないからこそなんでもできるし、自由に発想できるし、制限なく動けるじゃないですか。大人になればなるほどしがらみやらなにやらで動けなくなっていくのだから、そういうところから離れていられるというのは、それ自体が立派なスキルですよ。

よく考えたら、ぼくはないものばかりです。そのくせもっと大きくなりたいだとか、もっと高みを目指したいだとか、いろいろ先を考えてしまいます。

でも、ここで焦っては目指すところに行けなくなってしまいますので、いまは修行だと思ってひたすら前進あるのみです。そうやっているうちに、いつか大きくなれると信じてます。もちろん、だからといってただ信じているだけではダメですけどね。

なんにもないことを嘆いている時間があったら、自分にできること・好きなことをひたすらやって、もっと自由に行きませんか?

それだけで、あなたは他の誰もがなれない「あなた」になっていくんですから。

千里の道も一歩からです。ぼくはぼくを信じて着々とやっていきますよ!