まだ消える職業・なくなる仕事を続けるの? 個人でお金を生み出せるようになろうよ。

【スポンサーリンク】

職業が消える?仕事がなくなる?そんなわけないだろ!…と思ったあなたへ。

「消える職業がある」

「なくなる仕事がある」

こう聞いて、あなたはどう思うでしょうか?

自分には関係ないと思いますか?

実はこれ、現実に起こりうる可能性が非常に高い話なんです。

近い将来、いまある職業・仕事が消えるか、もしくはなくなると言われているんですよね。

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_sa

 

【スポンサーリンク】

あと10年で消える職業・なくなる仕事の予測がすさまじい。

オックスフォード大学が2014年に認定したデータがあるのですが、これが衝撃的な結果になっています。

ここに書かれている「主な消える職業」「なくなる仕事」のリストがスゴいんです。

screenshot-gendai.ismedia.jp 2015-12-06 10-02-34

(引用:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかった|現代ビジネス

ほんの一部でしかありませんが、これらはあと10年のうちに消える・なくなると予想されています。確率的にはここに挙げた職業・仕事の90%以上がコンピューターに取って代わられるんです。

例えば、モノを売る営業職は、インターネット通販が主流のいまとなってはいつ無くなってもおかしくないですよね。だって、当たりハズレが大きい営業をさせるよりも、自社製品を販売できる通販サイトをしっかり作り込んでさえいれば、あとは説明のためのサポート要員がいれば済むのですから。

受注入力がメインの仕事や、倉庫作業なんかも、時代の流れによって早い段階で無くなっていくでしょう。配送業も自動運転車が普及したら積み下ろしの人員以外は必要なくなるかもしれません。

そう考えると、かなりの職業がIT化に伴って人員削減できる状況にあると言えそうです。

同様のことをGoogleのラリー・ペイジ氏が話しています。

コンピューターが数多くの仕事をするようになる。

これは私たちが “仕事をする” という考えを大きく変えることになるだろう。

あなたはこんな現実は嫌だと思うかもしれないけど、これは必ず起こることなんだ。

(出典:Irandcom.com

ビル・ゲイツ氏に至っては、強烈なメッセージを残しています。

ソフトウェアが運転手やウエイター、そして看護師の代行をするため、仕事の需要がどんどん減っていくだろう。

特に大したスキルを必要としない仕事は次の20年でどんどん少なくなる。

だけど、まだ誰も心の準備ができていないように感じます。

(出典:Irandcom.com

 

【スポンサーリンク】

個人でお金を生み出せるようになろうよ。

いまやっている職業が消えてしまう、仕事がなくなってしまう、そんな未来が早ければ数年後にはやってきます。すぐに無くなることはなくても、少しずつ、でも確実になくなっていくんです。そんなつらい世の中がやってきたときに、ぼくらが生き残るために出来ることがあるとすれば、個人でお金を生み出せるようになることではないでしょうか。

大手といわれた会社が倒産したり買収されていっている現実を見ればわかるとおり、絶対の安定・安心なんてありません。会社の規模にかかわらず、会社に依存してしまっては万が一が起こったときに慌てふためくのはあなた自身です。

だからこそ、ひとつのところ・ひとつのものごとでお金を得るのではなく、自分でお金を生み出せるようになるべきではないでしょうか。とはいえ、いきなり全力で取り組むのは難しいと思うので、できるところから小さく始めてみてはいかがでしょう?

会社にいながら副業したり、ボランティア活動してみたり、クラウドソーシング「ランサーズ」などで活動してみたり、いろんな方法がありますよね。もちろん、やりたいことを求めて転職するものアリです。いまの会社でお金を生み出すスキルが得られないようであれば、それはいても時間のムダです。ぜひサクッと転職してしまいましょう。

転職サイトを掲載しておきますので、ぜひ検討してみてください!

 

ABOUTこの記事をかいた人

1980年4月生まれ。東京都出身。ギター弾き×Webライター×プロブロガー。 ブログを書きまくってたら会社を辞めることになりました。それを期に好きなことだけして生きています。 自身の好きなこと・スタイル・考えなどを発信中。 ⇒詳しいプロフィールはこちらから。