ずっと楽天市場派だったぼくがAmazonに乗り換えた、たった1つの理由

【スポンサーリンク】

すっかりAmazon派になりました。

インターネット通販といえば、「Amazon」「楽天市場」が2大巨頭です。

みなさんはどちらを使っていますか?

ぼくはある理由からすっかりAmazon派になりましたよ!

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_m

 

Amazonに乗り換えたたった1つの理由 → 同系統商品の猛烈プッシュがめっちゃ邪魔!

ぼくは長いこと楽天市場を愛用していました。

購入時にポイントが付くので、それを次回の買い物で値引きとして当て込むことができて、とてもお得だと思っていたからです。ポイントがたくさん貯まれば、高額な商品を買うときに大きく値引きできますし、金額の端数を相殺したりと、かなり便利でその恩恵に授かっていました。

ところが、ある時を境にいつの間にか楽天市場から遠ざかり、気が付いたら全ての買い物をAmazonでまかなっていることに気が付きました。

その理由をものすごくわかりやすくまとめたTweetがこちらです。

購入後に同系統の商品を猛烈プッシュしてこられるとめちゃくちゃ邪魔なんですよね。

机を買ったあとでさらに机をすすめてくるなんて、いったいいくつ買えば許されるの?というレベルです。

この小さい積み重ねと、そもそもAmazonのページは統一されていてどれも見やすいので、Amazonばかり見るようになり、気が付いたらAmazonでしか買い物をしなくなりました。

 

楽天市場のポイント制度はお得だと思っていたけど違った

「ポイントが付く」と聞くと、つい集めたくなってしまうのが人間の性です。

かなりの麻薬的な効果があって、「ポイント10倍」とか言われるとちょっと高くてもそっちから買おうとしてしまうんですよね。「おトクになるなら!」とか「期間限定ポイント使わなくちゃ!」と必至になっていたせいで、必要のないものまで買ってしまう「ムダ買い」もしてました。

いま考えたら、とんでもなく恐ろしいムダ使いをしていましたね…。

もちろん、普段から楽天市場を使っている方にとってはうれしい仕組みですが、購買意欲を無理矢理かき立てるようなやり方がどうも好きになれなかったので、シンプルでわかりやすいAmazonに移ったとも言えます。

ポイントに惑わされず、自分が欲しいものだけを安く買えればいいので、特に大きな変化がない限りはAmazon1本で購入を続けます。

 

付帯サービスを考えたらAmazon一択!

買い物をするだけならどちらも同じですが、サイト自体の使い勝手を考えると、やっぱりAmazonなんですよね。

その上、年会費を払ってAmazonプライムに加入すれば、注文当日配送が無料になったり、Kindle本が月1冊無料になったり、最近ではプライム・ビデオが始まったので、かなりお得なサービスに進化しています。

アメリカではKindle本の定額購入サービスも始めているそうで、いつか日本にも入ってくるのではないかとワクワクしています。

色んなサービスがあるのはいいことだと思っていますが、ややこしいサービスを使って不満を覚えるくらいなら、確実に使いやすくて配送も速いAmazonがオススメです。

よくインターネットで買い物する人は、Amazonプライムにも加入しておきましょう!

Amazonプライム