サイズ制限はあるけど容量無制限!Googleフォトで写真を管理する

【スポンサーリンク】

写真の管理はどうしてますか?

突然ですが、写真の管理はどうされていますか?

ローカル保存?iCloud?

ぼくはここ1年くらいでGoogleフォトを使うようになりました。

ちょっと制限があるけれど、そこを理解できれば使い勝手の良い最強サービスです。

 

一定サイズ以下であれば保存容量無制限

Googleフォトの最大の特徴は、一定サイズ以下であればいくらでも保存できる点です。

一定サイズとは、以下のとおりです。

  • 写真なら長辺が2048ピクセル以下
  • 動画なら15分未満+解像度1080ピクセル以下

PCやiPhone・Androidアプリから、それぞれ自動的に変換して取り込む設定ができるので、うまく活用できれば無制限に自動保存できます。

使い方も至って簡単。

Googleアカウントを用意して、それぞれの専用アプリ・ソフトをダウンロードしてくるだけです。

  • PCなら「Google Auto Backup」を経由して保存。
  • iPhoneなら「Google+」アプリを立ち上げて保存。
  • Androidなら同じくGoogle+アプリを立ち上げて保存も出来ますし、自動バックアップ設定に従って保存し続けてくれます。

やはりGoogleが出しているツール同士の連携がより簡単でいいですね。

初期設定さえしてしまえば、ほぼ自動的に写真をバックアップし続けてくれます。あとはアプリからか、直接Google+にアクセスして、写真を観賞するだけです。

 

設定もかんたん

まずはGoogleにアクセスして、Googleアカウントを用意します。

すでにGmailを使っているのであれば、そのアカウントが使えますので先へ進みます。

次にアプリを用意します。

  • iPhone → APP STOREから「Google+」をダウンロード。
  • Android → すでにGoogle+やGoogleフォトがアプリとして入っていると思いますので、それを使います。
  • PC → 「Google Auto Backup」をインストール。

あとはそれぞれのアプリから設定を行って、自動バックアップできる体制を作ります。

全部は書ききれませんので、ここではiPhoneの設定方法を書いておきます。

  1. アプリを立ち上げて左上のメニュー呼び出しをタップ→設定(歯車)をタップ
  2. 「カメラと写真」をタップして「自動バックアップ」へ進む
  3. 「自動バックアップ」のスイッチを入れる

3のスイッチを入れるときに、「フルサイズのバックアップ」を設定すると有料になってしまうので、注意が必要です。

また、写真・動画をバックアップするタイミングは「Wi-Fi経由のみ」のほうがモバイルデータ通信量を消費しなくて済みます。

 

大切な思い出は全部自動でバックアップ!

写真はその瞬間を切り取れる最高のツールですが、データである以上、消失の可能性は拭えません。

それをGoogleフォトで補えれば、アカウントを消す以外で写真が消えることはないし、無制限にバックアップできるので、安心して写真を残せますね。

Googleフォトはサイズが限定されてしまいますが、本格的に写真を楽しんでいる方でも、万が一に備えてこの設定をやっておくと良いと思います。

ぜひお試しください!

 

【スポンサーリンク】

あわせて読みたい