ピアニスト・反田恭平さんが弾くピアノは歌う!→CD大人買いしました

【スポンサーリンク】

ピアニスト・反田恭平さんのピアノの音色ググッと引き込まれました。

少し前に、ひょんなことからピアニスト・反田恭平さんを知りました。

きっかけはTwitterでどなたかがつぶやいていたのを見かけたからなのですが、演奏される音楽を聴いて、その世界に一気に引き込まれてしまいました。

こんなにもピアノが歌う楽器だったなんて、はじめて知りました。あまりのスゴさにぼくは衝撃を受けたんですよ!

 

【スポンサーリンク】

ピアノが歌う!

ぼくはピアノにはまったく詳しくありません。

でも、反田さんのピアノがとても表情豊かなのは素人のぼくでもよくわかります。それくらいスゴい熱のこもった表現・演奏をされているのだと感じています。どんなピアノ演奏をされるのかは、YouTube公式チャンネルを見ればよくわかります。

こちらはご本人のTwitterに流れていた演奏の様子です。

ピアノって、こんなにもゆったりたっぷり歌うんですね。

軽快なんですけど情熱的で、爽やかなんだけれど大胆で、繊細なんだけれど自由なんですよ。こんなに豊かな表情で歌うピアニストがいらっしゃるなんて、ぼくはただただ圧倒されました。

とにかくスゴくて、気がついたらグイグイとひきこまれてしまいました。そしてなんだか無性にずーっと聴いていたくなります。

ヤバイ、これはぼくがハマるときのパターンだ…。

 

【スポンサーリンク】

CDを大人買いしました!

どんどんハマっていっているのがわかってしまったので、そうすると次はいつでも聴けるように音源が欲しくなるじゃないですか。

調べたら、CDが4枚でているじゃないですか。

特に「 ライヴ! 」「 リスト 」「 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 [Hybrid SACD] 」の3枚は必聴でしょう。

3枚ならそんなに多くないなぁ…よしまとめて大人買いだ!というわけで、Amazonでポチッとしてみました!

 

若きヴィルトーゾに要注目!

反田さんは大きく注目されており、さらに情熱大陸に出演されたことで一般認知度がグイグイ上昇しているのもあるのでしょう。

これからもどんどん活躍されていくと思いますが、これだけ人気があると生で演奏を聴ける機会は当分先まで無さそうですね…ぜひ直接聴いてみたいなぁ。

まぁ、それまではとりあえずCDでガマンです!

【スポンサーリンク】

2017年6月21日に新譜が発売!

なんと、2017年6月21日に新譜が発売になるそうです!

曲目が粒ぞろいですね!

【収録内容】

  1. ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
  2. ドビュッシー:喜びの島
  3. ドビュッシー:月の光
  4. シューベルト:4つの即興曲
  5. シューマン/リスト:献呈
  6. ショパン:別れの曲

(引用:月の光〜リサイタル・ピース第1集|Amazon販売ページより抜粋)

どれもじっくり聴きたい曲ばかりですね。

もちろん、ぼくは買います!